3日間で能登半島一周

第31回 ツール・ド・のと400

受付終了
開催日:
2019年9月14日(土)~16日(月・祝)開催
申込期間:
2019年6月6日(木) ~
2019年8月23日(金)
開催場所:
石川県 能登半島
公式サイト:
http://tour-de-noto.com

本大会は、全国のサイクリング愛好者を石川県に迎え、美しい大自然と優しい人情が息づく能登半島一周コースを自らの体力と気力で走ることを目的とした大会です。
スピード競技ではなく、交通規則及び大会規則を守り、完走した人を賞する大会とします。

■申込締切延長のお知らせ
下記の通り申込期間を延長いたしました。
  8/2(金) ⇒ 8/23(金)
たくさんのお申し込みをお待ちいたしております。


【事務局からのお知らせ】

エントリー完了後、自転車車検証をダウンロードしていただき、事前に自転車の検査を受けてください。
自転車車検証は下記URLからダウンロードしてください。
https://www.sportsentry.ne.jp/s3_files/20190603164808767_noto400_syakennsyou.pdf

※大会当日、点検済みの自転車車検証を受付にお持ちください。

【 エントリーの際のご注意 】

※小・中学生の方は、保護者の伴走が必要です。(※伴走者別途申込み必要)

■自転車宅配について
※今年はゴール会場からの自転車宅配は出来ません。参加者各自で手配していただくことになります。
定員
[チャンピオンコース]1000人
[2日コース]各100人
[1日コース]各200人
[ハーフコース]先着200人限定
※定員になり次第、締め切り
参加資格
小学生以上の健康な方なら走力に合わせてコースを選び、どなたでも参加できます。
ただし、中学生以下の参加は保護者の伴走が必要です。未成年の方の参加は、保護者の同意を必要とします。
その他
【参加料】
[チャンピオンコース]30,000円
[2日コース]2日22,000円(いずれの2日でも可)
[1日コース]各日12,000円
[ハーフコース]8,000円
※小中高生は半額

※参加費にはゼッケン、参加記念品、保険料、大会中の荷物輸送料、昼食、軽食、飲食代を含みます(ただし、宿泊費は別途料金となります)。

種目

チャンピオンコース【9/14(土)~9/16(月・祝)の3日間参加】

▼3日間コース(全長約420km) ※9/14(土)~9/16(月・祝)の3日間参加
9/14(土)金沢市→輪島市(約140km)
9/15(日)輪島市→七尾市(約160km)
9/16(月・祝)七尾市→金沢市(約120km)

チャンピオンコース(約420km):18歳以上(9/14~9/16)

参加費 受付状況
30,000円 受付終了

チャンピオンコース(約420km):小中高生(9/14~9/16)

参加費 受付状況
15,000円 受付終了

2日コース【9/14(土)~9/16(月・祝)のうち2日参加】

▼2日コース(全長約300km) ※9/14(土)、9/15(日)の2日参加
9/14(土)金沢市→輪島市(約140km)
9/15(日)輪島市→七尾市(約160km)

2日コース(約300km):18歳以上(9/14、9/15)

参加費 受付状況
22,000円 受付終了

2日コース(約300km):小中高生(9/14、9/15)

参加費 受付状況
11,000円 受付終了
▼2日コース(全長約280km) ※9/15(日)、9/16(月・祝)の2日参加
9/15(日)輪島市→七尾市(約160km)
9/16(月・祝)七尾市→金沢市(約120km)

2日コース(約280km):18歳以上(9/15、9/16)

参加費 受付状況
22,000円 受付終了

2日コース(約280km):小中高生(9/15、9/16)

参加費 受付状況
11,000円 受付終了
▼2日コース(全長約260km) ※9/14(土)、9/16(月・祝)の2日参加
9/14(土)金沢市→輪島市(約140km)
9/16(月・祝)七尾市→金沢市(約120km)

2日コース(約260km):18歳以上(9/14、9/16)

参加費 受付状況
22,000円 受付終了

2日コース(約260km):小中高生(9/14、9/16)

参加費 受付状況
11,000円 受付終了

1日コース【9/14(土)~9/16(月・祝)のうち1日のみ参加】

▼1日コース ※9/14(土)のみ参加
9/14(土)金沢市→輪島市(約140km)

1日コース(約140km):18歳以上(9/14)

参加費 受付状況
12,000円 受付終了

1日コース(約140km):小中高生(9/14)

参加費 受付状況
6,000円 受付終了
▼1日コース ※9/15(日)のみ参加
9/15(日)輪島市→七尾市(約160km)

1日コース(約160km):18歳以上(9/15)

参加費 受付状況
12,000円 受付終了

1日コース(約160km):小中高生(9/15)

参加費 受付状況
6,000円 受付終了
▼1日コース ※9/16(月・祝)のみ参加
9/16(月・祝)七尾市→金沢市(約120km)

1日コース(約120km):18歳以上(9/16)

参加費 受付状況
12,000円 受付終了

1日コース(約120km):小中高生(9/16)

参加費 受付状況
6,000円 受付終了

ハーフコース【9/14(土)開催】

▼ハーフコース
9/14(土)金沢市→志賀町(約65km)

ハーフコース(約65km):18歳以上(9/14)

参加費 受付状況
8,000円 受付終了

ハーフコース(約65km):小中高生(9/14)

参加費 受付状況
4,000円 受付終了

特徴

保険
※参加料に含まれる保険
【傷害】 入院日額6,000円、通院日額3,500円、死亡・後遺傷害1,500万円(最高額)
【熱中症】入院日額3,000円、通院日額2,000円、死亡・後遺傷害 500万円(最高額)

エントリー手続きの流れ

注意事項
>> 注意事項を確認(新しい画面を開きます)
参加通知書について
実行委員会事務局から9月上旬に、ゼッケン番号の案内を送付します。
大会受付(前日または当日)上記案内を持参してください。
ゼッケン、コース地図、参加記念品などをお渡しします。
また、エントリー完了後、下記自転車車検証をダウンロードしていただき、事前に自転車の検査を受けてください。
https://www.sportsentry.ne.jp/s3_files/20190603164808767_noto400_syakennsyou.pdf
※大会当日、点検済みの自転車車検証を受付にお持ちください。
尚、この件に関しましては、下記大会事務局へお問合せ願います。
◆ツール・ド・のと400実行委員会事務局 TEL076-260-3581(平日10:00~18:00)

競技・コース

コース詳細
※各コースとも制限時間があります。制限時間の目安は、平均速度20kmです

■9月14日(土)約140km
金沢市→内灘町→かほく市→宝達志水町→羽咋市→志賀町→輪島市

■9月15日(日)約160km
輪島市→珠洲市→能登町→穴水町→七尾市(和倉温泉)

■9月16日(月・祝)約120km
七尾市(和倉温泉)→氷見市→中能登町→羽咋市→宝達志水町→かほく市→津幡町→内灘町→金沢市

■9月14日(土)ハーフコース 約65km
金沢市→志賀町

スケジュール

前日
■9月13日(金)
13:00~17:00 前日受付(西部緑地公園)
当日
■9月14日(土)
6:00~8:00 当日受付(西部緑地公園)
8:00~8:20 開会式(西部緑地公園)
8:30 スタート

■9月15日(日)
6:00~7:00 当日受付(輪島市マリンタウン)
7:30 スタート

■9月16日(月・祝)
6:30~8:00 当日受付(和倉温泉運動公園ヨットハーバー駐車場)
8:30 スタート
※金沢ゴール(西部緑地公園)は13:30~15:30の予定

主催者情報・お問い合わせ

事務局
〒920-8588
石川県金沢市南町2-1 北國新聞社事業局内

ツール・ド・のと400実行委員会事務局
電話番号
076-260-3581(平日10:00~18:00)
FAX番号
076-260-3426
問い合わせ先
mail to...

その他

注意事項
【参加上の注意】
・安全のため、ヘルメットの着用(カスク不可)、ライト、リフレクター(反射板)の装着が義務付けられています。
・本大会は着順およびタイムを競うレースではなく、公道を使用するサイクリングですので、交通規則を遵守してください。
・指定されたコース以外の走行は認めません。
・先導オートバイを絶対追い越さないこと。係員の指示・指導に従わない場合は、途中で参加を止めていただきます。
・受付時にヘルメット、ライト、リフレクターの有無を点検します。装着していない方は参加できませんので、ご注意ください。(事前に自転車の整備をしてきてください)
・各日とも、休憩地点・チェックポイント・昼食会場などで制限時間を設定し、その時間を超えた場合はリタイアとなります。
・自転車の故障、疲労及び負傷などでリタイアする場合は、必ず係員に申告してください。また、他の参加者や一般車両の支障にならないよう、主催者が準備する収容車(バスとトラック)を待ってください。リタイアした場合でも、翌日は出走できます。
・レース中に限らず、大会期間中の自転車(フレーム・パーツ)の破損・紛失・盗難等は保険対象外となります。補償が必要な方は、各自で保険に加入してください。
・各日のスタート地点からゴール地点までの荷物運搬車は、主催者が用意します(荷物は一人一個まで)。
・自家用車での伴走は、一般の通行車両の妨げになりますので禁止します。
・大会中の事故による負傷などについては、応急手当てはしますが、その後の処置は参加者本人の責任とします。
・健康保険証を有する方は、当日必ず持参して走行してください。
・参加者は誓約書の同意を必要とします。
・18歳以下または高校生の参加は、保護者の同意を必要とします。
・各スタート地点の駐車スペースに限りがあります。駐車する場合は大会事務局が発行する駐車許可証が必要となりますので、ご注意ください。参加者はできるだけ、公共交通機関をご利用ください。駐車許可証を希望する方は、該当欄にチェックしてください。
・大会ホームページに参加者の氏名、都道府県を掲載します。希望の有無を該当欄にチェックしてください。

※走行中は、AED(自動体外式除細動器)を装備した医師、看護師が同行する予定ですが、応急手当て以上の責任は負いかねますので、当日はくれぐれも体調を整えてご参加ください。
※今後の道路事情などによりコースを一部変更する場合がありますのでご了承ください。

ONLINE SHOP

〈日本の蔵王ヒルクライム・エコ2020〉大会オリジナルサイクルジャージ販売中!

〈日本の蔵王ヒルクライム・エコ2020〉大会オリジナルサイクルジャージ販売中!

2020年5月24日(日)開催される「日本の蔵王ヒルクライム・エコ2020」の大会オリジナルサイクルジャージです。是非とも記念にお買い求めくださいませ。

■日本の蔵王ヒルクライム・エコ2020オリジナルサイクルジャージ
MEN'S/WOMEN'S
販売価格¥7,000

オンラインショップへ 

92

第31回 ツール・ド・のと400のクチコミ

感謝!!

一日目に参加しました。急用ができ、志賀のチェックポイントでスタート地点まで戻ることになりました。内灘当たりまでは何とか来ましたが道が分からなくなり困っていると、一日ボランティアの方が通りかかりました。道を尋ねると『私も向かう途中』と親切に安全に駐車場まで案内してくださいました。『来年も参加してくださいね』一言が更にジーンときました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました!!

araiguma さん
2019.09.20  返信  0  件  [不適切報告]
最高!だったけれど

スタッフの皆さんのおもてなしや沿道の応援など最高でした!エイドステーションでの補給食もおいしくめちゃ元気が出たのですが、一点!ドリンクが最低でした。コカ・コーラさんが協賛とのことでしたが、コーラとジュース、アクエリのオレンジ味?なぜ単純に水がないのでしょう?あったそうですがすべてのステーションで品切れでした。ライダーにコーラですか?単純に水!を大量に置いておくべきでは、来年の再考の参考に。

2019.09.19  返信  1  件  [不適切報告]

私も同じことを感じました。特に、初日、二日目は気温が上がりました。ロングライドに慣れた人は「ダブルボトル」にして、片方には飲用のスポーツドリングのボトル、もうかた方には、飲用と体にかける用のボトルをもって走るのですが(私も炎天下ではそうしています)、エイドに水がないとこれができません。私はエイドのトイレの水道で補給していました。それでももちろんOKですが、やはり水は水道水を冷やしたものでも良いので、あった方が良いと思いますね。

最高でした!

やはり最高の大会でした!運営スタッフの方々に感謝!来年も出ましょう!

2019.09.19  返信  0  件  [不適切報告]
最高の天気予報!

天気予報では、週末3連休は「快晴」のようです!やった!!

2019.09.10  返信  0  件  [不適切報告]
1日目に参加しました

十数年ぶりの参加ですが、天候にも恵まれ最高の体験になりました。
コースの案内が丁寧で感激でした。
いつかはチャンピョンコースに出たいと思いましたが、総額で5万円ぐらいかかりますよね。
体力向上の他にも、貯金しないと(;^_^A

KATM さん
2019.09.21  返信  1  件  [不適切報告]

是非、チャンピオンコースを走ってみてください!私も全国のロングライドやグランフォンド、海外のエタップ・デュ・ツール等にも参加してきましたが、3日間連続で走れる市民レベルの自転車ロングライド大会は実は世界的にもこの大会くらいなので、8回連続で参加しています。一見参加費は高く見えますが、1)3日間スタートとゴールが違う日本で唯一のツール形式大会である事、2)AS・景品・サポート体制(ドクターカー、自衛隊という万全の安全&危機管理)、3)ゲストライダーの豪華さ(彼らの殆どはボランティアで参加してくれているようですが)等に照らして考えてみると、自転車を深く知れば知るほど価格は妥当だと思えますよ!!

 全てのクチコミ(92件)を見る

 前回開催のクチコミを見る

第31回 ツール・ド・のと400のFacebookコメント

Page Top