2023ワールドトライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会

受付終了
開催日:
2023年5月14日(日)開催
申込期間:
2022年11月23日(水) 15:00 ~
2022年11月29日(火)
開催場所:
神奈川県横浜市山下公園周辺特設会場(山下公園スタート・フィニッシュ)

本ページは、2023ワールドトライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会の一般エントリーページです。

【抽選及び結果の通知】
 11月23日(水)15時に抽選結果を発表いたしました。
 [通知方法]メール、及び マイページ
 
 ※大会開催有無/当選・落選のメールについては、スポーツエントリーにメンバー登録いただいているメールアドレスに送信されます。
(当選者、落選者ともに通知されますので、必ずご確認ください。)
 ※入力項目内にある大会事務局からの連絡用メールアドレスと、メンバー登録時の登録メールアドレスが異なる場合、メンバー登録時の登録メールアドレスに送信されます。
 ※スポーツエントリー マイページ でも状況をご確認いただくことができます。
 ※マイページでの確認の場合、ユーザーID・パスワードでのログインが必要となります。忘れずにお控えください。
 ※お電話、メールによる抽選結果の問合せについては、お答えできませんので、ご了承ください。

【当選者】
 11月29日(火)までに、本申し込み(参加料支払)を行ってください。※注3 ※注4
 11月29日(火)までに入金されない場合は、自動的に申込は無効となります。
 ※ご登録いただいたメールアドレスの通知不着・未着について再確認はしませんのでご了承ください。
 ※本申し込みの際、仮申し込みいただいた際のユーザーID・パスワードが必要となります。

※注1:メールが届かない場合、マイページをご確認ください。
※注2:携帯電話のメールでご登録の場合、必ず受信拒否を解除の上ご登録ください。
※注3:参加料支払の手続き後、入金確認をもって正式エントリーといたします。
※注4:お支払いはコンビ二、クレジットカード等からとなります(手数料は各自負担)。
定員
●一般エントリー
スタンダードディスタンス 740名
スプリントディスタンス  230名
パラトライアスロン  30名
リレー  50組(150名)
参加資格
※次の条件を満たしていない場合は参加できません。また、参加をお断りさせていただきます。
※参加条件を満たしている場合であっても、完走証など証明となる書類のご提示をお願いする場合があります。 

◎トライアスロン都道府県競技団体・学連登録について(※事前登録必須)
本大会のエントリーには、2023年度トライアスロン都道府県競技団体・学連登録が必須となります。
必ずエントリー前にご登録をお願いいたします。詳細は次のURLからご確認ください。
https://www.jtu.or.jp/news/2022/09/20/44704/

◎競技説明会について
・競技説明会はパソコンやスマートフォンを活用したオンラインで実施します。そのため、大会前日までに競技ルールを説明した動画を視聴の上、理解度チェックを完了いただく必要があります。
 ※パラトライアスロンについては、ハンドラー・ガイドの方も対象です。
 ※リレーについては、チームメンバー全員が対象です。
・すべての選手が競技説明会の内容を熟知していただいたうえで、大会にご参加いただけるようお願いいたします。


●スタンダードディスタンス
・2023年12月31日において18歳以上の男女
・2023年度トライアスロン都道府県競技団体・学連登録会員
・各種目を制限時間内で完走できる男女
【スタートからスイム終了まで45分、ラン終了まで3時間45分】

●スプリントディスタンス
・2023年12月31日において16歳以上の男女
・2023年度トライアスロン都道府県競技団体・学連登録会員
・各種目を制限時間内で完走できる男女
【スタートからスイム終了まで25分、ラン終了まで2時間00分】

●パラトライアスロン
・2023年12月31日において16歳以上の男女
・2023年度トライアスロン都道府県競技団体・学連登録会員
・エイジパラトライアスロンのカテゴリーTRI1-TRI6に該当する者(※TRI1-6の旧カテゴリーで実施します)
 各クラスについては、以下のURLを参照ください。
 https://www.jtu.or.jp/news/2013/05/17/11303/
・各種目を制限時間内で完走できる男女
【スタートからスイム終了まで25分、ラン終了まで2時間00分】
・ハンドラー、ガイドは原則として自己手配とします。

●リレー
・2023年12月31日において18歳以上の男女2名、または3名からなるチーム
・2023年度トライアスロン都道府県競技団体・学連登録会員(※チームメンバー全員の登録が必須)
・各種目を制限時間内で完走できる男女
【スタートからスイム終了まで45分、ラン終了まで3時間45分】
・登録後のメンバー変更は、2023年3月31日(金)までに所定の変更届を用い、書面にて提出し、受理された場合に限ります。
参加費
●一般エントリー
スタンダードディスタンス 29,200円
スプリントディスタンス 20,200円
パラトライアスロン 20,200円
リレー 40,600円

※ワールドトライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会は、「地球環境にやさしいトライアスロン大会」を目指しています。
 この実現に向けて本大会では、地球温暖化対策によるCO2排出量削減効果から生み出されたカーボンオフセットのクレジットを活用してCO2排出量をオフセット(埋め合わせ)します。
 具体的には、参加料のうち200円を環境協力金として、参加者の会場までの移動により生じるCO2排出量に相当するクレジットを購入し、CO2排出量をオフセットします。クレジットを購入することで、本大会が温暖化対策を間接的に支援します。

種目

スタンダードディスタンス

【参加資格】

 
・2023年12月31日において18歳以上の男女
・2023年度トライアスロン都道府県競技団体・学連登録会員
・各種目を制限時間内で完走できる男女
※スタートからスイム終了まで45分、ラン終了まで3時間45分
【距離】S:1.5km、B:40km、R:10km

参加費 受付状況
29,200円 受付終了

スプリントディスタンス

【参加資格】

 
・2023年12月31日において16歳以上の男女
・2023年度トライアスロン都道府県競技団体・学連登録会員
・各種目を制限時間内で完走できる男女
※スタートからスイム終了まで25分、ラン終了まで2時間00分
【距離】S:750m、B:20km、R:5km

参加費 受付状況
20,200円 受付終了

パラトライアスロン

【参加資格】

 
・2023年12月31日において16歳以上の男女
・2023年度トライアスロン都道府県競技団体・学連登録会員
・エイジパラトライアスロンのカテゴリーTRI1-TRI6に該当する者(※TRI1-6の旧カテゴリーで実施します)
各クラスについては、以下のURLを参照ください。
https://www.jtu.or.jp/news/2013/05/17/11303/
・各種目を制限時間内で完走できる男女
※スタートからスイム終了まで25分、ラン終了まで2時間00分
・ハンドラー、ガイドは原則として自己手配とします。
【距離】S:750m、B:20km、R:5km

参加費 受付状況
20,200円 受付終了

リレー

【参加資格】

 
・2023年12月31日において18歳以上の男女2名、または3名からなるチーム
・2023年度トライアスロン都道府県競技団体・学連登録会員(※チームメンバー全員の登録が必須)
・各種目を制限時間内で完走できる男女
※スタートからスイム終了まで45分、ラン終了まで3時間45分
・登録後のメンバー変更は、2023年3月31日(金)までに所定の変更届を用い、書面にて提出し、受理された場合に限ります。
【距離】S:1.5km、B:40km、R:10km
※チーム代表者のみお申込みください

参加費 受付状況
40,600円 受付終了

エントリー手続きの流れ

当日

  • スタート・フィニッシュ
  • マップ枠内の「拡大地図を表示」を押すと全画面表示します

競技・コース

コース・距離
●スタンダードディスタンス  S:1.5km、B:40km、R:10km
●スプリントディスタンス  S:750m、B:20km、R:5km
●パラトライアスロン  S:750m、B:20km、R:5km
●リレー        S:1.5km、B:40km、R:10km

主催者情報・お問い合わせ

事務局
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町6-81 ニッセイ横浜尾上町ビル3階

世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会事務局
電話番号
045-680-5538
FAX番号
045-641-2371
主催
世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会

その他

注意事項
■大会について
JTU競技規則及びローカルルールを適用します。
JTU競技規則については、次のURL先をご参照ください。
http://www.jtu.or.jp/jtu/pdf/rulebook_20190123.pdf

安全管理のために、審判員、競技スタッフがやむを得ず、競技を止める場合があります。
ウェットスーツ着用、ロードレーサーまたはトライアスロン専用車での出場が義務となります。
レースナンバーベルトの使用を推奨します。(競技の安全管理上、安全ピンの配布は致しません)

パラトライアスロンについては、エリートパラトライアスロン〔5月13日(土)〕との重複エントリーが可能ですが、エイジパラトライアスロン参加確定後のエリートパラトライアスロンへの参加振替はできません。また、エリートパラトライアスロン出場選手確定後の、エイジパラトライアスロンへの参加振替もできません。

エイジパラトライアスロンのクラス分けについて(ローカルルール)の詳細は次のURLよりご確認ください。
https://www.jtu.or.jp/news/2013/05/17/11303/

エリートパラトライアスロンへの出場には、別途、ワールドトライアスロン(WT)、日本トライアスロン連合(JTU)出場基準があります。
※詳細は2023年1月以降、JTU事務局(jtuoffice01@jtu.or.jp)へお問合せください。
  
本大会は、2023JTUトライアスロンエイジグループ・ナショナルチャンピオンシップシリーズの「スタンダード」ならびに「スプリント」のポイント対象大会です。


■参加料の返金について
・新型コロナウイルス感染症の影響により、大会が中止となった場合は、中止時点までの執行経費等を差し引いた金額を返金いたします。
・本人都合によるキャンセルや、地震・風水害・事件・事故・疫病等により大会が中止となった場合は、同意書に基づき参加料は返金いたしません。
・エントリー手数料はいずれの場合においても返金いたしません。

■ふるさと納税の返金について
ふるさと納税は、一度ご寄附をいただくと、いかなる理由があっても寄附金額(参加料相当額含む)を返金することができませんのでご注意ください。また、新型コロナウイルスの影響で大会が中止となった場合も同様に返金することができません。あらかじめご了承ください。

■個人情報の取り扱いについて
主催者は、個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律及び関連法令等を遵守し、主催者の個人情報保護方針に基づき、個人情報を取り扱います。大会参加者へのサービス向上を目的とし、大会に関するご案内、大会関係資料の作成等に利用します。また、国の機関等からの情報提供の要請があった場合は、主催者の判断により、本人の同意を得ることなく、目的外利用や第三者への提供を行います。

■大会で撮影した映像・写真について
本大会では、大会スタッフまたは各種報道関係者が、大会の様子等を撮影します。撮影した映像や写真を、主催者が作成するウェブサイト、ポスター、広報物並びに情報メディアにおいて使用することがあります。また、主催者が許可したウェブサイト、新聞、雑誌その他各種媒体で掲載、放映または配信する場合があります。あらかじめご了承ください。

■参加資格の譲渡について
大会での代理出走、権利譲渡はできません。こうした行為が判明した場合は失格となります。その場合、主催者はいかなる補償も返金もいたしません。また、譲渡した人、された人、ともに日本トライアスロン連合(JTU)に報告され、他大会も含めて参加できなくなる「資格停止」となることもあります。
規約
(賛同と承諾)
私は、標記大会(以下、「大会」という。)への参加にあたり、大会参加者として、以下の事項について同意いたします。

1 賛同の意思表明
(1)私は、トライアスロン競技を謳歌(おうか)するために、主催者、選手、支援者が共存するよう努めます。
(2)私の親族は、本承諾書のことを理解し、私の大会参加に同意しています。

2 承諾の基本
(1)公益社団法人日本トライアスロン連合(以下、「JTU」という。)の諸規程、競技規則及び大会規程を遵守します。
(2)大会のコース設定や注意箇所など大会情報を理解し、不明瞭な点や不安となる点があれば、大会主催者(以下、「主催者」という。)に確認します。

3 登録会員等と社会適正
(1)JTU細則第6条の規定による登録会員であり、日本国外のトライアスロン統括団体への登録はありません。
(2)「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号」に掲げる者に該当していません。

4 技量、健康状態の申告
(1)トライアスロンまたは関連スポーツの経験があり、コース状況を見極めながら、自身の技量の範囲内で競技を行います。
(2)最近1年間に医師の健康診断を受け、競技において配慮すべきことは理解しており、自身のペースを守りながら競技します。

5 特設コースの特性と救護体制
(1)大会は特設されたコースで行われるため、競技専用コースとは異なる状況が起こり得ることを理解しています。
(2)大会開催中、事故に遭遇し傷病が生じた場合であっても、直ちに救護できないことがあることを理解しています。

6 傷病・死亡事故の補償範囲
大会開催中に競技が原因で傷病もしくは傷病による後遺症が発生した場合、または死亡した場合の補償は、主催者の重大な過失がある場合を除き、主催者が契約している保険の範囲内であることを承知しています。

7 大会中止・変更、競技用具類の盗難・紛失・破損等
(1)天災や気象状況の悪化など不可抗力による大会中止・変更があった場合や、自己都合による出場キャンセルの場合には、主催者に対し大会参加のための参加費等の払戻し請求及びその他支出した費用の請求はしません。また、大会延期や感染症による大会中止等の場合は、別途主催者から示される指示に従います。
(2)大会期間中の競技用具類の紛失・盗難または損傷に対し、主催者の重大な過失がある場合を除き、主催者に補償を求めません。

8 感染症の流行時における感染対策
(1)JTUまたは国際トライアスロン連合(WT)の定めるガイドラインに準拠し、大会主催者の指導や指示を遵守します。
(2)感染防止に努めるとともに、発熱などの症状が認められる場合は参加を辞退します。

9 肖像権などの広報使用
肖像権及び個人情報(氏名、年齢、出身都道府県、所属先・競技歴・自己紹介内容等)に関して、大会関連の広報物及び報道・情報メディアなどによる広報的利用を認めます。

10 紛争の解決
(1)大会の競技に関する抗議、上訴、不服申し立てについては、大会の管轄競技団体の競技規則に則り手続をすることとします。
(2)大会に関する裁判上の紛争が生じた場合は、開催地を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所とし、準拠法は日本法とすることに同意します。


(注)参加者が未成年である場合、保護者または法定代理人(親権者など)による同意書の提出を求める場合があります。
私(リレーの場合は、「私のチーム」)は、以上の事項を承諾しました。
【安心して大会に参加いただくために】
新型コロナウイルス感染症に関する安全対策(2022年9月26日現在)
(1)参加者の健康行動チェック(※必須)
大会参加者は、来場前7日間の健康チェックの実施と、感染リスクを回避する行動をしているか等の確認(行動管理)を行い、「健康が保たれていること」を前提として大会にご参加いただきます。
※ 来場予定日から3日以内(来場予定日を0日とする)に発熱や濃厚接触疑いなどが判明した場合は、原則として来場を控えていただきます。

(2)大会開催にかかる安全対策
・大会参加者及びスタッフ・関係者には、新型コロナウイルスワクチン4回の接種を推奨します。
・当日受付で検温を実施します。主催者が定めた体温(37.5℃)以上の場合は、参加をご辞退いただきます。
・競技以外の場面でのマスク着用、対人距離1m以上の確保、ローリングスタート等を実施します。
・オンラインによる競技説明会や、スマートな当日受付を実施することにより密集を回避します。

◎JTU(日本トライアスロン連合)新型コロナウイルス感染防止ガイドライン
 https://www.jtu.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2022/05/covid-19_event_guideline_20220529.pdf
21

2023ワールドトライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会のクチコミ

 全てのクチコミ(21件)を見る

3度目の正直!

過去2回同様、ランが苦行になりませんように…
2度ある事は3度ありませんように…

そうすずのちち さん
2022.11.23  返信  0  件

 全てのクチコミ(21件)を見る

2023ワールドトライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会のFacebookコメント

Page Top