いつもの仲間や家族と皆一緒に雪と遊ぼう!

第13回 全日本スノーシューイング・グランプリシリーズ[2022]

受付中
開催日:
【第1戦 妙高大会】:2022年2月19日(土)~20日(日)/【第2戦 日光大会】:2022年3月5日(土)~6日(日)

エントリー方法: 先着
定員に達した時点で締め切ります

ご利用可能な支払い方法

参加申込をする

雪上トレランは簡単です!
いつもの仲間や家族と皆一緒に雪と遊ぼう!
●経験や特段の技術は必要ありません。走れる方なら誰でも直ぐに競技ができます。スキーのような技術の差とは関係なく、みんなと一緒に楽しむことができます。
●ウエア、シューズはトレラン用がそのまま使えます。あと必要なのはスノーシュー、スパッツ、手袋、サングラス、帽子、シェル(防風防水防寒用軽量パーカー)だけです。
●大きな装備はスノーシューですが、レンタルもできます。重さは片方で2kg前後。このスノーシューをスキーの板のようにシューズの下に装着します。スパッツは踝とシューズの間の隙間を覆い、雪の進入を防ぎます。
●但し、スノーシューを履いて雪の上を走りますから、無雪状態のランに比べて、2倍以上の負荷となり、ロングコース(10~15km)はハーフマラソン以上の厳しさになります。
●スノーシューはスキーなどより機動力の高いマンパワースポーツ。自力で雪上を翔(かけ)る快感は格別です。

【 申込期間 】
■(第1戦 妙高大会)第23回全日本山岳スノ-シュ-イング・レ-ス in 妙高
2021年11月15日(月)正午 ~ 2022年1月30日(日)


■(第2戦 日光大会)第5回日光国際山岳スノーシューイング・レース
2021年11月15日(月)正午 ~ 2022年2月13日(日)

【 コロナ対策 】
現地に集う選手、同行者、スタッフ他すべての関係者は、連盟が別途定める「新型コロナ感染症対策のガイドライン」を事前に必ず読み、内容を承諾したうえで参加するものとする。
参加資格
・自力で制限時間内に完走する自信があり、且つアクシデントに対し自己責任の負える中学生以上の者。 及び、保護者が伴走し、完走できる小学生。
・未成年者は保護者の承諾を得ている者。
その他
【グランプリ対象種目】
妙高、日光:各ロングコース(Full Open)

【グランプリチャンピオン】
2大会以上の加盟大会のグランプリ対象種目に参戦した選手の中から、「全日本グランプリシリーズ運営規定」に則って、日本スノーシューイング連盟が選出、表彰する。

【各大会単一参加】
単一大会、2大会、ウォークのみの参加も可能

種目

■(第1戦 妙高大会)第23回全日本山岳スノ-シュ-イング・レ-ス in 妙高
【2022年2月19日(土)~20日(日)】
※19日:講習会等のプレイベント/20日:本レース

第1戦 妙高大会(2/19-2/20)【ロング10km:男子】

【申込期間】

~2022年1月30日(日)

スタート 参加費 受付状況
10:00 11,800円 受付中

第1戦 妙高大会(2/19-2/20)【ロング10km:女子】

【申込期間】

~2022年1月30日(日)

スタート 参加費 受付状況
10:00 11,800円 受付中

第1戦 妙高大会(2/19-2/20)【ミドル5km:男子】

【申込期間】

~2022年1月30日(日)

スタート 参加費 受付状況
10:00 8,800円 受付中

第1戦 妙高大会(2/19-2/20)【ミドル5km:女子】

【申込期間】

~2022年1月30日(日)

スタート 参加費 受付状況
10:00 8,800円 受付中
■(第2戦 日光大会)第5回日光国際山岳スノーシューイング・レース
【2022年3月5日(土)~6日(日)開催】
※5日:技術講習会等プレイベント、6日:本競技

第2戦 日光大会(3/5-3/6)【ロング10km:男子】

【申込期間】

~2022年2月13日(日)

スタート 参加費 受付状況
11:30 11,800円 受付中

第2戦 日光大会(3/5-3/6)【ロング10km:女子】

【申込期間】

~2022年2月13日(日)

スタート 参加費 受付状況
11:30 11,800円 受付中

第2戦 日光大会(3/5-3/6)【ミドル5km:男子】

【申込期間】

~2022年2月13日(日)

スタート 参加費 受付状況
11:30 8,800円 受付中

第2戦 日光大会(3/5-3/6)【ミドル5km:女子】

【申込期間】

~2022年2月13日(日)

スタート 参加費 受付状況
11:30 8,800円 受付中

第2戦 日光大会(3/5-3/6)【ショート2km:男子】

【申込期間】

~2022年2月13日(日)

スタート 参加費 受付状況
11:30 5,800円 受付中

第2戦 日光大会(3/5-3/6)【ショート2km:女子】

【申込期間】

~2022年2月13日(日)

スタート 参加費 受付状況
11:30 5,800円 受付中

特徴

表彰
[妙高大会]
ロングコース、ミドルコース共にFull Open(全年齢)3位まで
※今回は表彰式を行わないので、後日次のものを送付
[上位3位入賞者にメダル、及び全完走者に記録証]

[日光大会]全コース共にFull Open(全年齢)3位まで
※今回は表彰式を行わないので、後日次のものを送付
[5km、10kmは上位3位入賞者にメダル、及び全完走者に記録証。2kmは全完走者に記録証]

エントリー手続きの流れ

必要な情報
選手登録番号、国籍、血液型、RH因子、職業 他
>> 詳細を確認(新しい画面を開きます)
注意事項
>> 注意事項を確認(新しい画面を開きます)
参加通知書について
■(第1戦 妙高大会)第23回全日本山岳スノ-シュ-イング・レ-ス in 妙高
発送予定日:2022年2月9日(水)
(詳細スケジュールを含む、宿泊等を含む)

■(第2戦 日光大会)第5回日光国際山岳スノーシューイング・レース
発送予定日:2022年2月24日(木)
(詳細スケジュール等を含む)

尚、この件に関しましては、下記大会事務局へお問合せ願います。
◆日本スノーシューイング連盟 TEL:089-916-6041 E-mail:mail to...

当日

  • 第1戦 妙高大会:受付場所
  • 第2戦 日光大会:受付場所
  • マップ枠内の「拡大地図を表示」を押すと全画面表示します

競技・コース

第1戦 妙高大会
■第23回全日本山岳スノ-シュ-イング・レ-ス in 妙高

【開催日】2022年2月19日(土)~20日(日)
※19日:講習会等のプレイベント/20日:本レース

【開催場所】池の平スポーツ広場(新潟県妙高市大字関川)

【競技種目】(1)ロングコース(10km) (2)ミドルコース(5km)

【コース状態】ほぼ非圧雪。負荷は圧雪・非圧雪混合コースより高くなります。各距離は、雪上に設定するため多少の誤差あり。

【プレイベント】19 日(屋:9,000円/小学生以下は2食付6,500円、無3,000円(1泊2食付/池の平温泉の宿)
*応援者同額。宿泊なしで、20 日日帰りでも参加できるが、ご協力頂いてる地元の活性化のため、極力宿泊していただければ幸甚。

【最少催行人数】選手50名。2月6日までにこの人数に達しない場合は中止とし、諸経費、諸手数料を差し引いて返金。

【スノーシューレンタル】1,000円/日(2日間の方は2,000円)

【スノーシュー技術講習会】2,000円(19日午後実施/講習兼実地練習)

【追加宿泊】2月19日の前後に宿泊する場合:上記【宿泊費(希望者)】と同額とさせていただきます。

【追加宿泊特典】スノーシュー/スキーレンタル料、リフト券の特別割引、ワンドリンクサービス等の特典を地元が準備。

【交通】
東京から乗合の夜行スキーバスをご利用の方は、ネットで検索して下さい。
JRご利用の方は、東京方面長野、金沢方面上越妙高駅下車・しなの鉄道・トキ鉄いずれも終点妙高高原駅下車、駅からの送迎あり。

【その他】内容については、状況により変更が出る場合がある。 最新情報は、下記URLの連盟ホームページを参照。
< https:// https://japansnowshoeing.org/ >

【グランプリチャンピオン】
本大会は全日本グランプリシリーズの公認加盟大会。加盟大会の内2大会の対象種目に参戦した選手の中から、「全日本グランプリシリーズ運営規定」に則って、日本スノーシューイング連盟がグランプリチャンピオンを選出、表彰する。

【グランプリ対象種目】妙高/日光大会:各ロングコース(Full Open)

【各大会単一参加】単一大会、2大会、ウォークのみの参加も可能

【日程】
■2月19日(土)
11:00~16:00 受付
13:00~ スノーシュー技術講習会、最新スノーシュー試乗会、コース試走
■2月20日(日)
長距離種目(1)ロングコース (2)ミドルコース
08:00~09:00 当日受付(日帰り参加の方々が対象)
09:30 両コース共に:スタ-ト地点集合、装備チェック、最終コ-ル
10:00 両コース同時:レ-ス・スタ-ト
13:00 両コース共に:レ-ス打切り(制限時間3時間)
※開会式・タトラ館カーボパーティ―・表彰式
コロナ対策の為、今年度は行いません。

【持ち物】
●スノ-シュ-: 長さ53cm(21インチ)、幅20cm(8インチ)以上で、かつ、裏面は雪上を滑らない構造になっていること。
●下着: 保温性の高い吸汗・速乾性のもの(ポリプロピレン、ポリエステル素材)を推奨。
●防寒着: フリ-スのベストなど保温性があり軽い物を推奨。
●アウタ-: 透湿防水性のパ-カ-、ウインドブレ-カ-を推奨。
●シュ-ズ: ランニングシュ-ズ、軽登山靴(走れるように適度な深さと柔軟性を有するもの)など各自で判断する。防水性生地のシュ-ズにスパッツ(ゲイター)を併用すると快適。
●その他: サングラス、帽子、手袋など。☆ストックの使用は禁止。
●飲料水: 装備チェックの対象とするが、水量は各自の判断。基本的に給水所は設けない。
第2戦 日光大会
■第5回日光国際山岳スノーシューイング・レース

【開催日】2022年3月5日(土)~6日(日)
(5日:技術講習会等プレイベント、6日:本競技)

【受付場所】日光アストリアホテル(栃木県日光市奥日光・光徳温泉)

【競技コース】日光アストリアホテル・クロスカントリースキーコース、山王林道等

【競技種目】
(1)ロングコース10km (2)ミドルコース5km (3)ショートコース2km
※ロングコースは10キロに変更。各距離は、雪上に設営するため多少の誤差あり

【コース状況】10kmは山王林道の上り下りが主で、一部クロカンスキーコース。5km、2kmはほとんどクロカンスキーコース。軽い圧雪はしますが、降雪状況により非圧雪となる場合あり。

【競技参加費】10km 11,800円/5km 8,800円/2km 5,800円(競技当日の昼食代、保険料込。なお昨年までに第5回日光大会への申し込み済みの方については、追加料金はかかりません)

【スノーシューレンタル】1,000円/日(2日間の方は2,000円)

【プレイベント:スノーシューイング・ラン技術講習会】(講習兼実地練習)5日(土):2,000円

【昼食】3月6日アストリアホテルレストラン12:30~14:30 カレーライス(お代り可)食事券を受付でお渡し。選手は無料。(同行者は@800円・要予約)

【温泉入浴】3月6日12:30~16:30 選手、同行者には@500円の割引料金で入浴券を受付で発行(予約不要)。

【その他】内容については、状況により変更が出る場合がある。最新情報は、下記URLの連盟ホームページを参照。
< https:// https://japansnowshoeing.org/ >

【グランプリチャンピオン】本大会は全日本グランプリシリーズの公認加盟大会。加盟大会の内2大会の対象種目に参戦した選手の中から、「全日本グランプリシリーズ運営規定」に則って、日本スノーシューイング連盟がグランプリチャンピオンを選出、表彰する。

【グランプリ対象種目】
妙高/日光大会:各ロングコース(Full Open)

【日程】
■3月5日(土)
11:30~16:00 競技前日受付
13:30~ 技術講習会(試乗会を含む)
■3月6日(日)
8:00~10:30 当日受付
11:15 スタ-ト地点集合、コース説明、最終コール
11:30 2K・5K・10K 競技スタ-ト
(制限時間:2K 1時間(~12:30)/5K 2時間(~13:30)/10K 3.5時間(~15:00))
15:00 競技終了(今回は、コロナ対策のため表彰式を行いません。)

【最少催行人数】選手50名。2月20日までにこの人数に達しない場合は中止とし、諸経費、諸手数料を差し引いて返金。

【交通・アクセス・宿泊についての注意】
(時刻は変更の可能性あり。要確認)
■駐車場のスペースが少ないので、電車とバス利用にご協力を。(JR/東武日光駅から湯元温泉行き東武バスで70分、光徳温泉下車)
■車の方はチェーンまたはスタッドレスタイヤ必須。道路が無雪の場合も駐車場には積雪の場合がある。
■前泊を推奨。前泊の場合は前日に受付できますが、当日バス利用の場合、最寄りの光徳温泉(アストリアホテル前)着が9:55着1本のみで、受付締め切りが10:30と時間的に非常にタイト。
■日光アストリアホテルの前泊
・競技会場になる日光アストリアホテルの前泊が可能。希望の場合は各自で直接ホテルに申し込む。その際「3月6日のスノーシューレースに参加」と言えば「レース特別宿泊プラン」の割安料金になる。また一人一部屋も可能(二人以上とは料金が異なる)。(料金等は連盟HPで)
・同ホテル宿泊者はホテル専用駐車場に駐車可能。
■当日受付者の交通アクセス
・マイカー利用者:光徳公共駐車場(アストリアホテルの先隣)に駐車し、アストリアホテルまで徒歩1分。
・電車⇒東武バス利用者):JR日光駅発8:42 ⇒東武日光駅発8:45 ⇒光徳温泉(アストリアホテル前)着9:55 1本のみ。
■湯元温泉等の宿泊は各自で手配し、交通手段も各自確保すること

主催者情報・お問い合わせ

事務局
〒791-8016
愛媛県松山市久万ノ台594-3

日本スノーシューイング連盟
お問い合わせフォーム
https://japansnowshoeing.org/inquiry/ 

その他

注意事項
【諸規定】
本大会は、連盟ホームページに掲載される最新のシリ-ズ実施要綱、本大会実施要綱、日本スノーシューイング・レース規則、全日本グランプリシリ-ズ運営規定、及び連盟、本大会主催・主管団体が定めるその他の規定、規則、要綱、細則に則って行う。
規約
【 全日本グランプリシリーズ運営規定 】
第1条 (名称) 本シリーズは全日本グランプリシリーズと称し(以下シリーズ)、その第1位を男女別にグランプリチャンピオンとして、日本スノーシューイング連盟(以下連盟)が認定、表彰する。
第2条(統括委員会) 本シリーズは、連盟が任命する委員長、委員よって構成される全日本グランプリシリーズ統括委員会によって運営される。
第3条 (加盟大会) 本シリーズ加盟大会は、連盟理事会によって選定され、各主催・主管団体が、統括委員会が定める方針に沿ってその運営に当たり、安全確保を含め運営上の全ての責を負う。
第4条 (要綱、規則、規定) 全日本グランプリシリーズ及び各加盟大会は、連盟Webサイトに掲載される最新のシリーズ実施概要、シリーズ実施要綱、各加盟大会実施要綱、日本スノーシューイング・レース規則、全日本グランプリシリーズ運営規定、及び当連盟、各主催・主管団体が定めるその他の規定、規則、要綱、細則に則って行う。
第5条 (中止、変更) 各加盟大会において、地震・風水害・積雪不足・事件・事故・その他予測不可能な緊急事態により中止・コース変更または途中打ち切り等の措置をとることがある。この場合でも参加費、レンタル料の払戻はしない。宿泊費の払戻は、別途定める各キャンセル規定に基く。
(2)自己都合による種目、クラスの変更は認められない。
第6条 (表彰) 本シリーズに加盟する各大会が定めるシリーズ対象種目を転戦し、その順位によって得たポイント(順位に基く強者率=完走者数÷順位)の和により総合成績とし、男女別にその第1位から第3位までをグランプリ入賞者とし、第1位をグランプリチャンピオンとする。
(2)グランプリに挑戦する選手は、本シリーズに加盟する大会の内、シリーズ毎に規定されている数の大会に参戦しなくてはならない。棄権、途中棄権、失格した大会はこの規定数の大会には含まれない。
(3)規定数以上の大会に参戦した場合は、獲得ポイントの高い規定数の大会のポイントの和を総合成績とする。
(4)当連盟から海外大会に派遣されたため、日程的に本シリーズの特定の加盟大会に参戦できなかった場合は、その海外大会の成績に基き第6条第(1)項と同様の方法でポイントを算出し、総合成績に加える。
(5)ポイントの和が同数の場合、第1位のみ各大会のタイムに基く強者率を算出し、決定する。第2位以下は同順位とする。
(6)タイムに基く強者率算出方法は、総合ポイントが同数の者の各大会におけるタイムの和を分母、各人のタイムを分子とし、各大会における強者率の合計が少ないものを勝者とする。
(7)各大会の記録の認定、及びグランプリチャンピオンの認定、表彰は連盟が派遣するTD(技術代表)が行う。
第7条 (各大会の表彰) 各加盟大会の実施要綱に則る。
第8条 (各大会単一参加) シリーズに参加しなくとも参加できる。
第9条 (参加資格) (1) 全レース: 自力で制限時間内に完走する自信があり、且つアクシデントに対し自己責任の負える中学生以上の者。及び、保護者が伴走し、完走できる小学生。未成年者は保護者の承諾を得ている者。 (2) デイツアー:健康な小学4年生以上の者。
第10条 (キャンセル) 自己都合によるキャンセルの場合、事由に関わらず参加費、レンタル料の返金はしない。宿泊費は、各大会開催日の3日前までに連絡を受けた場合、各キャンセル規定に基づき送金手数料を差し引きの上、後日返金する。同日以降の場合は返金しない。
第11条 (秩序) 本シリーズ、又は各大会の運営、秩序維持に支障をきたした場合、又はその恐れがあると、統括委員会、又は各大会主催・主管団体が判断した場合、特定の選手の参加を受付けない、または取消すことがある。大会中の場合は、選手、応援者に限らず退場を命じることがある。いずれの場合も参加費、レンタル料の払戻はしない。宿泊費の払戻は、別途定める各キャンセル規定に基く。本条項は、エントリー・サービス専門サイト経由の参加申込にも適用される。
(2)当連盟、統括委員会、又は各大会主催・主管団体への提言、苦言等は全て書面にて行い、各組織が必要と判断した場合のみ回答する。判定に対する不服は、当連盟の日本スノーシューイング・レース規則に則り処理され、不服の申立は規定された時間内に書面にて行われなくてはならない。
第12条 (保険、免責) 保険は各加盟大会主催・主管団体が加入し、保険料を負担する。
(2)各加盟大会主催・主管団体は傷病、その他の事故に際し、応急処置及び各加盟大会主催・主管団体が加入する保険の範囲内による補償以外、責任を負わない。
(3)貴重品の管理は各自で行う。盗難等に対して各加盟大会主催・主管団体は責任を負わない。
第13条 (版権) 各大会参加中の映像、写真等の版権、及びマスコミ等への掲載権は連盟、及び各参加大会主催・主管団体に属する。
第14条 (同意) 当連盟は参加申込を受理した段階で、申込者が本規定に同意したものと見做し、参加証の発行をもって正式参加とする。
0

第13回 全日本スノーシューイング・グランプリシリーズ[2022]のクチコミ

 前回開催のクチコミを見る

クチコミはまだ投稿されていせん

参加宣言、質問、感想等お待ちしています!

第13回 全日本スノーシューイング・グランプリシリーズ[2022]のFacebookコメント

Page Top