「北の玄関口」を歩く!

第2回 ONSEN・ガストロノミーウォーキングin日本のてっぺん稚内

受付終了
開催日:
2019年9月22日(日)開催
※雨天決行。歩行が困難な天候の場合は、お食事のみ会場で提供予定です。
申込期間:
2019年6月22日(土) ~
2019年9月18日(水)
開催場所:
北海道稚内市内(中央地区中心)

稚内は、日本最北に位置するまちです。海と山がおりなす壮大な自然と共に「北の玄関口」として数々の歴史をこの地に刻んできました。
北海道遺産にもなっている「北防波堤ドーム」や日本海を一望できる「稚内公園」。隣接する森林公園と合わせて約100haが、憩いの場所となっております。
コースの立ち寄り箇所にもなっている「開基百年記念塔」からは市内を一望でき、名作「氷雪の門」や日本最北端の神社をはじめ、沖合い底曳き漁業の親方であった”瀬戸常蔵氏”の邸宅「旧瀬戸邸」。映画「北のカナリアたち」のロケ地となった「稚内副港市場」、昨年の5月にオープンした「稚内樺太記念館」など稚内の歴史と文化にふれるコースとなっております。
漁獲高日本一を誇る水ダコを使用した稚内の郷土料理「たこしゃぶ」、今年新たに稚内ブランドに認定された「鹿肉ジンギスカン」、まぼろしの”勇知いも”を使用した「じゃがバター(イカの塩辛付)」や低温殺菌で自然に近い牛乳本来の風味を楽しめる「稚内牛乳」など”稚内ブランド”盛りだくさんの内容で皆様を歓迎いたします。

【 エントリーの際のご注意 】

●コースには、坂道や階段がございます。
●お食事はお酒を含む飲み物を提供する大会となりますので、参加申込の際は、ご注意ください。
●小学生未満のお子様は一緒にウォーキングすることは可能ですが、お食事の提供はございません(エントリー対象外)。
●小学生以下は保護者の同伴、歩行が困難な方は介助者の同伴が必要です。
ONSEN・ガストロノミーウォーキングとは
「ONSEN・ガストロノミーツーリズム」とは、日本の魅力あふれる温泉地を拠点にして、その地域特有の「食」、「自然」、「文化・歴史」すべてをウォーキングによって、一度に「体感」できる新たなツーリズムです。
温泉地界隈の自然・歴史を感じながら「めぐって」、その土地の美味しいもの・お酒を「食べて(飲んで)」、そしてウォーキングの後には温泉に「つかって」と楽しんで頂くイベントとしてONSEN・ガストロノミーウォーキングを開催いたします。
定員
200人
※定員になり次第、締め切り

種目

▼約7.3kmコース
[参加資格]
7~8km程度の距離を歩ける方。
国籍、年齢、性別等は一切問いません。大会のきまりやマナー、交通ルールを守れる方。
ただし、小学生以下は保護者の同伴、歩行が困難な方は介助者の同伴が必要です。
※お食事・お酒を含む飲み物を提供する大会となりますので、参加申込の際はご注意ください。
※参加費に含まれるもの:ガストロノミー(お食事・飲み物)・温泉入浴券・傷害保険。
※参加費に含まないもの:雨具やカッパ、タオルやバスタオル等は含まない(各自ご準備ください)。

1)約7.3kmガストロノミーウォーキング(小学生以上)【10:00~スタート】

参加費 受付状況
3,500円 受付終了

2)約7.3kmガストロノミーウォーキング(小学生以上)【10:15~スタート】

参加費 受付状況
3,500円 受付終了

3)約7.3kmガストロノミーウォーキング(小学生以上)【10:30~スタート】

参加費 受付状況
3,500円 受付終了

4)約7.3kmガストロノミーウォーキング(小学生以上)【10:45~スタート】

参加費 受付状況
3,500円 受付終了

エントリー手続きの流れ

注意事項
>> 注意事項を確認(新しい画面を開きます)
参加通知書について
事前申込された方へのハガキ等での参加案内はございませんのでご注意ください。

■インターネット申込の場合
 入金完了後、スポーツエントリーご登録時のメールアドレス宛にに届く「入金確認メール」「エントリー確認メール」をプリントアウトしたものあるいはメール画面を受付にてご提示ください。
■ファミポート申込の場合
 店頭支払時に発行される「取扱明細兼受領書」が支払証明書となります。受付にて受領書をご提示ください。
■電話申込でコンビニエンスストア支払を選択された場合
 店頭支払時に発行される「取扱明細兼受領書」が支払証明書となります。受付にて受領書をご提示ください。
その他
■電話申込をご希望の場合はこちら
  TEL:0570-039846(平日10:00~17:30)
  ※音声ガイダンスの後「1」を押してください。
  ※お支払いの際は、参加費のほか別途スポーツエントリー利用料が必要です。
  (受付方法によりスポーツエントリーの利用料が異なりますのでご注意ください)
  [電話受付]参加費4000円まで300円、4001円以上は参加費の7%
  [インターネット受付]参加費4000円まで200円、4001円以上は参加費の5%

当日

  • 当日受付会場
  • マップ枠内の「拡大地図を表示」を押すと全画面表示します
受付場所
〒097-0021稚内市港1丁目6-28
稚内副港市場内 海側
服装・持ち物
・9月平均気温(最高19.7℃/最低14.0℃)、10月平均気温(最高13.7℃/最低8.1℃)
・朝晩はとても涼しく、風が強いので適した服装でお越しください。
・運動しやすい服装、歩きやすい靴でお越し下さい(雨具・カッパなどは各自ご用意ください)。
・ノルデックポールの使用は可能ですが、ノルバデックスタイルやウォーキングスタイルのものをご使用ください(先にゴムパッドの付いていないポールは使用しないでください)。
・ノルデックポールの貸出等はございません。
・稚内公園は坂道を登り、山の上にあります。
・受付スタート時にペットボトルの水500mlが支給されます。
・各ポイントで飲み物の提供を致しますが、ご自身のお好きな飲み物をご準備頂いても結構です。
・温泉入浴券をお渡し致しますのでタオルやバスタオル等、各自ご準備ください。
・スタート地点での、お荷物のお預かりが可能です(無料)。
・お荷物の引き渡しは、最終ゴール時間15:00までとなります。
・自転車に乗ってのご参加はできません。

アクセス

駐車場
あり
駐車場説明
稚内副港市場内 
第1駐車場・第2駐車場 合計248台可能 (無料)
電車
JR宗谷本線・札幌発07:30~稚内着12:40
      札幌発12:00~稚内着19:49
      札幌発18:30~稚内着23:47
バス
[都市間バス]
札幌発07:40~稚内着13:30
札幌発10:30~稚内着16:20
札幌発13:00~稚内着18:50
札幌発15:00~稚内着20:50
札幌発17:00~稚内着22:50
札幌発23:00~稚内着05:30

[空港リムジンバス]
空港ターミナル11:20~駅前ターミナル11:55
空港ターミナル12:30~駅前ターミナル13:05
空港ターミナル15:05~駅前ターミナル15:40
空港ターミナル17:00~駅前ターミナル17:35
稚内空港より約30分
飛行機
札幌(千歳)発10:20~稚内着11:15
札幌(千歳)発16:00~稚内着16:55

東京(羽田)発10:30~稚内着12:20
東京(羽田)発13:05~稚内着14:55

宿泊

宿泊問合せ先
【お問い合わせ先名】一般社団法人 稚内観光協会
【TEL】0162-24-1216
【URL】http://www.welcome.wakkanai.hokkaido.jp

競技・コース

当日受付会場・スケジュール
【当日受付会場】稚内副港市場内 海側
【スタート地点】稚内副港市場内 観光情報コーナー側
【ゴール地点】稚内副港市場内 海側
【受付時間】
1)受付開始時間 09:30~/出発時間10:00~
2)受付開始時間 09:45~/出発時間10:15~
3)受付開始時間 10:00~/出発時間10:30~
4)受付開始時間 10:15~/出発時間10:45~
【最終ゴール締切時間】15:00
ガストロノミーメニュー
(1)【セイコーマート 京極の水(500mlペットボトル)】
・北海道羊蹄山麓の天然水です。日本名水百選に選ばれ優しい口当たりの軟水です。

(2)【揚げかまぼこ(タコ入り)&稚内コンカツだし汁&ソフトドリンク】
・目の前で揚げる、揚げたてアツアツのかまぼこ(タコ入り)。
・くせのない澄んだお出汁が出る”最高級の利尻昆布”と稚内市と夫婦都市である鹿児島県枕崎市の”最高級の鰹節”からとったグルタミンがたっぷり含まれたお肌に良い、二日酔いにも効く美味しくて体にも良い「最上級のお出汁」を味わってください。

(3)【棒たらの煮付け&高砂酒造 国士無双&ソフトドリンク】
・北海道の近海で獲れた鮮度の良い真たらを天日干しした棒たら。全国で販売している全ての品を稚内で製造しています。関西地区を中心に昔から親しまれており、正月のおせち料理として欠かせない歴史ある「棒たらの煮付」けを味わってください。
・1899(明治32)年創業。旭川の厳しい自然から生まれた豊かな恵みを生かし、こだわりの酒造りを続ける”高砂酒造”。キリリと引き締まった酸味と飲み口が軽快な日本酒です。

◎【稚内公園内 タロ・ジロの店(小沢商会)】
※アイスクリーム券利用可能ヶ所
・稚内牛乳を使用した「稚内牛乳ソフトクリーム」。稚内で育った生乳だけを使用した”ノンホモ低温殺菌牛乳”をそのままソフトクリームにしました。

(4)【じゃがバター(塩辛付き)&稚内牛乳】
・勇知地区で安心・安全なクリーン栽培によって生産され”YES!clean"に登録されている勇知いも。特に冬季間、雪氷貯蔵施設で保管さてた勇知いもは、春には果物並みの糖度となります。いも本来の美味しさが味わえる「じゃがバター(塩辛付き)」として味わってください。
・稚内ブランド「稚内牛乳」は稚内の牧場で美味しい牧草をたっぷり食べて育った牛の生乳のみを使用した”ノンホモ牛乳”です。”低温殺菌”により自然に近い牛乳本来の風味を残していることから消費期限が短く、稚内でしか飲むことができない特産品です。

(5)【たこしゃぶ&ミニおにぎり&昆布の佃煮&宗谷のもずく&ほたての稚貝の味噌汁&合同酒精(株) 礼文島昆布焼酎&ソフトドリンク】
・稚内は水ダコ漁獲高日本一。稚内ブランドにも「宗谷のたこ」は認定されており、郷土料理の一つにタコしゃぶがあります。水揚げされたばかりのタコの足を急速冷凍し、繊維に沿ってスライス、利尻昆布の出汁でしゃぶしゃぶします。もちろんそのままお刺身でも食べれるぐらい鮮度抜群で、健康志向には嬉しいカロリーゼロ!いくら食べても太りません。たこしゃぶ発祥のお店”車屋・源氏”で味わってください。
・稚内ブランド「宗谷の塩」を使用した、ONSEN・ガストロノミー特製塩むすび。海苔の代わりに”利尻昆布のとろろ”を贅沢に巻きました。付け合せは、相性抜群「昆布の佃煮」です。
・「宗谷のもずく」も稚内ブランドの一つ。宗谷の天然もずくは、9月に数日限定で、手摘みで採取。強い粘りと歯ごたえ、磯の香りは他にはない味わいで、食物繊維はもちろん、ミネラル分が豊富に含まれています。箸休めにどうぞ。
・「ほたての稚貝の味噌汁」は、稚貝といえどもほたての出汁が120%出た”絶品味噌汁”です。もちろん稚貝(身)も美味しいです。
・北国の風土が育んだ”礼文島特産こんぶ”使用。礼文島名産品のひとつである、味わい深い昆布焼酎で、海産物に合う焼酎です。

(6)【鮭のちゃんちゃん焼き&北寄貝焼き&鹿肉ジンギスカン&サッポロビール(株) サッポロクラシック&ソフトドリンク】
・北海道といえばやっぱり鮭!特製の味噌ダレに野菜と鮭を絡めて、ビールと共に味わう「鮭のちゃんちゃん焼き」は最高です!
・「北寄貝」は北に寄る貝なので”ホッキ=北寄”。お刺身でも食べれるぐらい鮮度抜群ですが、軽く火を通すことで甘みや旨味が倍増します。贅沢に網焼きで、充分な旨味と食べ応えを感じてください。
・今年新たに稚内ブランドに加わった「鹿肉ジンギスカン」。稚内近海の潮風を受け、ミネラル豊富となった草を食べて育った肉質の良い稚内産の鹿肉のみを使用。鹿肉は高タンパク質・低カロリー・高鉄分で健康志向のお肉です。そんな鹿肉をどなたでも美味しくいただけるよう味付けジンギスカンになりました。
・北海道のビールと言えば”サッポロビール”。「サッポロビール クラシック」は言わずと知れた北海道限定のビールです。北海道の気候と、食材に合うように作られたビールは、一流品、最高峰です。コクがあるのにスッキリした飲み心地を味わってください。

◎【稚内副港市場内 稚内牛乳】
※アイスクリーム券利用可能ヶ所
・稚内牛乳を使用した「稚内牛乳ソフトクリーム」。稚内で育った生乳だけを使用した”ノンホモ低温殺菌牛乳”をそのままソフトクリームにしました。
景観ポイント
【真言寺(しんごんじ)】
稚内の地名は、ヤム・ワッカ・ナイ「冷たい・水の・出る沢」のアイヌ語名のヤムが省略されたワッカナイからきています。その語源となっている冷たい水の出る沢がある場所です。

【旧瀬戸邸(登録名称:旧瀬戸家住宅主屋)(きゅうせとけじゅうたくしゅおく)】
昭和20~40年代。稚内は底曳網漁の前線基地として国内各地から人が集まり、活気にあふれていました。そのさなかの昭和27年、「旧瀬戸邸」は機船底曳網漁業などを営む瀬戸常蔵の邸宅として建てられました。建物は近代和風の邸宅建築で平成24年4月より一般公開を開始し、平成25年6月21日、国の登録有形文化財に登録されています。

【稚内公園】
稚内公園は、昭和29年に供用が開始されました。45.2haの面積をもち、公園内には市のシンボルともいうべき「氷雪の門」や、展望施設と北方記念館(郷土資料館)が一緒になった「開基百年記念塔」などの施設や、樺太(現在のロシア連邦サハリン州)や樺太犬に関するモニュメントが点在しており、隣接して50haの「森林公園」があります。

【稚内市北方記念館・開基百年記念塔】
塔の高さは80mで塔の70mの地点(海抜240m)には展望施設があります。展望室からの見晴らしは、240m上空から望むこととなり、晴天の日には、南は広大なサロベツ原野、東はオホーツク海、西は日本海に浮かぶ利尻島と礼文島が眼下に広がります。そして北は宗谷海峡を隔てサハリンの島影をとらえることができ、360度の大パノラマを楽しむことが出来ます。

【北門神社(ほくもんじんじゃ)】
稚内港を見下ろす小高い場所に北門神社がらいます。神職が常駐する神社としては、日本最北の神社です。また、知る人ぞ知る、最北1のパワースポットでもあります。

【しおさいプロムナード】
1987年(昭和62年)北防波堤ドームから延びる遊歩道の長さは215mで稚内市の花・ハマナスをイメージしたモザイクタイル張りになっています。潮風を浴びながら爽やかな散策をお楽しみ下さい。

【稚内港北防波堤ドーム(北海道遺産)】
稚内港北防波堤ドームは1931年(昭和6年)から建設され、1936年(昭和11年)に完成しました。全長427m、高さ13.6m、柱の数は70本あり、半アーチ型の古代ローマ建築を想わせる回廊は、世界でも類のない建築物です。2001年(平成13年)10月に「北海道遺産」、2003年(平成15年)に「土木遺産」に指定されています。現在では年間を通して様々な催しが開催されており、また映画やCMのロケ地としても利用されることがあります。

【稚泊航路記念碑(ちはくこうろきねんひ)】
1945年(昭和20年)の終戦の年まで、日本領だったサハリンのコルサコフ(日本名・大泊)へ、鉄道省による連絡船が稚内から就航していました。この22年間の業績を讃えるため1973年(昭和45年)11月に「稚内港北防波堤ドーム」のほぼ中央の位置に記念碑が建てられました。

【稚内副港市場】
新たな観光スポットとしてJR稚内駅、南稚内駅のほぼ中間、国道40号線沿いに「稚内副港市場」は誕生いたしました。市民と観光客が一体となって楽しめる「港コミュニティ」をコンセプトに、底曳船の巨大モニュメントのある市場をはじめ、天然温泉、稚内ゆかりの歴史的建造物を再現したギャラリー、地元の味わいを提供する屋台村を擁する旭川以北最大のショッピングモールです。

【稚内樺太記念館(稚内副港市場2階)】
稚内・宗谷の歴史資料とともに、樺太関係の資料の収集に努めてきましたが、2017年(平成29年)に一般社団法人全国樺太連盟より2000点にもおよぶ樺太関係資料の寄贈を受けました。稚内市樺太記念館では、これらの貴重な資料をもとに明治以降の樺太とそこに生きた人々の姿を紹介しています。


【稚内天然温泉 港のゆ(稚内副港市場)】
行き交う船で賑わう港を一望する展望台露天風呂。あふれる天然温泉にゆったり体が浸せる大浴場。遠くで船の霧笛が聞こえてくるような、とろとろした時間の中での癒やしを体感できます。
〈泉質〉ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
〈適応症〉神経痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復期・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病
コース中のトイレ箇所(スタート・ゴール地点除く)
9箇所
温泉ポイント
【稚内副港市場:港のゆ】
ゴール時アンケートにお答えいただき、入浴券と引き換え。
タオルやバスタオル等は各自ご準備ください。

主催者情報・お問い合わせ

事務局
〒097-0022
北海道稚内市中央3丁目6番1号 キタカラ1階 (一社)稚内観光協会内

わっかない観光活性化促進協議会
電話番号
0162-24-1216
FAX番号
0162-24-0016
問い合わせ先
mail to...
事務局情報
【主催】
わっかない観光活性化促進協議会
【協賛】
大和リース 株式会社
サッポロビール 株式会社
高砂酒造 株式会社
稚内農業協同組合
稚内コンカツプロジェクト推進協議会
【協力】
稚内大谷高等学校(インターアクトクラブ)
北海道宗谷総合振興局
稚内観光協会青年部
【特別協力】
一般社団法人 ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構

過去大会の情報

その他

イベント規約・免責事項
1. 参加者は、イベントを円滑かつ安全に開催するために、主催者の定める諸注意事項、交通規制などを遵守するものとします。
2.主催者は、傷病や紛失、その他の事故に際し、応急処置を除いて一切の責任を負いません。
3.自己都合による申し込み後の時間変更、キャンセルはできません。
4.自然災害、歩行困難な荒天、新型インフルエンザの流行等の不慮の災害が生じた場合、イベントを中止する場合があります。その場合、参加費の払い戻し及び交通費・宿泊費など個人負担の費用補償はできませんのでご容赦ください。
5.大会当日の開催可否につきましては、大会ホームページをご確認ください。
6.お酒を伴うイベントになります。適量を楽しみ、他の参加者の迷惑に当たる行為はご遠慮ください。(大声、一気飲み等の行為)
7.年齢認証のために身分証明書の提示をお願いする場合があります。また、飲酒をしての車・自転車等の運転は法律で禁じられています。公共の交通機関をご利用ください。
8.大会の映像・写真・記事・記録・申込者の氏名、年齢、住所(国名、都道府県名)等の雑誌・インターネット等への掲載権と肖像権は主催者に属します。
ONSEN騎士団認定について
ウォーキングに参加申込みされた皆様を、『ONSEN騎士団』の会員に認定させていただきます。(※認定に際し、費用の発生はございません)
『ONSEN騎士団』とは、ONSEN・ガストロノミーツーリズムの応援団で、温泉をこよなく愛する方々を中心にご入会いただいております。
入会をご了承の際は、申込時に「入会する」にチェックをお願い致します。

『ONSEN騎士団』にはONSEN・ガストロノミーウォーキングなど最新の情報をお知らせ。
ONSEN騎士団会員専用サイト https://onsen-gastronomy.com/chivalric/

また、『ONSEN+』機能をご利用頂けます。
ONSEN+とは? https://onsen-gastronomy.com/lp/onsenplus/

ONSEN騎士団認定バッジをお送りしますので、ご住所は正確にご記入ください。
*氏名、住所、メールアドレル等の情報は運営会社の一般社団法人ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構に共有されます。

一般社団法人ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構ホームページ https://onsen-gastronomy.com/

ONLINE SHOP

自宅でできるトレーニングサポートアイテム

自宅でできるトレーニングサポートアイテム

室内で手軽にトレーニング出来る取り外し可能なウエイトバンドです。最近の研究では健康のためには、有酸素運動だけでなく、筋肉を鍛えることが重要だと分かってきました。付けるだけで簡単に運動強度を上げられる、純日本製の国産筋トレ製品です。

可変式トレーニングウエイトバンド
通常価格¥8,800>>>販売価格¥5,500

オンラインショップへ 

10

第2回 ONSEN・ガストロノミーウォーキングin日本のてっぺん稚内のクチコミ

WEB管理者ですm(_ _)m

6/22(土)より申し込みが可能となりました。
昨年よりもパワーアップした内容となっており、コースも一部変更しております。
いろいろ、楽しみにしていてください♫
まずは、ご挨拶まで(*´σー`)エヘヘ

2019.06.24  返信  2  件  [不適切報告]

東京から参戦しまーす。
観光も食事もすごーく充実してるので、初めての稚内とても楽しみです。

mamikko さん
2019.08.11  [不適切報告]

mamikkoさま
書き込みしていただきましてありがとうございます。
食事内容も飲み物も昨年よりも頑張りました。
参加して頂く皆様に満足していただけるよう、頑張りますので楽しみにしていてください。

icon
大会主催者 さん
2019.08.22  [不適切報告]
道北!

昨年、主人の転勤で北海道へ。道北はいつ旅行しようか考えてた時に、こちらのイベントを見つけ、絶対参加したい!と思い計画。オロロンラインをドライブしながらワクワクが止まりませんでした。ガストロノミーウォーキングは、ちょうどよい距離、程よく登り坂もあり、稚内の歴史と自然、食文化を一度に楽しめる、今までにないスタイルのイベントで、夫婦共に満喫しました!また別の地域のイベントにも参加してみたいです。今回はこのイベントをきっかけに、宗谷丘陵や利尻島、礼文島にも行き、帰りはオホーツクラインを通りました。道北の魅力をたっぷり楽しめました!

2019.10.01  返信  0  件  [不適切報告]
記念イベント

稚内に滞在して初めて知ったイベントに記念参加

Bluelips さん
2019.09.18  返信  0  件  [不適切報告]
九州は大分県から参加でーす

何故か今年は、金沢と日本最北端の稚内に一人旅に行こうと思ってた。2か所ともテレビで見たせいもあるかも。6月に金沢へ。さて、稚内には9月か10月あたりに、と何気なくネットで全国のウォーキング大会を検索したら出てきた。ラッキー。たった7,3キロだし、どーせ行くなら参加して思い出を作りたいと。あまり深くネットは見ずに、観光協会に電話をしてコートはいるのかとか九州とは10度近く低いとピンとこないけど、まずは楽しく、ホテルも3泊とって、島にも渡ってみたい。稚内の良さを満喫したい。天気がいいと嬉しいなー。

タカ さん
2019.09.12  返信  0  件  [不適切報告]
北へ

遠くに感じてた稚内へ、いざ出陣。 
最北端のまちで、親子の絆を取り戻し、また明日から笑って過ごせたらいいかな(笑)

2019.09.04  返信  0  件  [不適切報告]

 全てのクチコミ(10件)を見る

 前回開催のクチコミを見る

第2回 ONSEN・ガストロノミーウォーキングin日本のてっぺん稚内のFacebookコメント

Page Top