「紋別ファンライド」および「紋別ヒルクライム」大会

受付中
開催日:
2019年9月21日(土)、22日(日)開催
申込期間:
2019年1月11日(金) ~
2019年8月31日(土)
開催場所:
北海道紋別市

エントリー方法: 先着
定員に達した時点で締め切ります

参加申込をする

2019年9月、北海道オホーツク沿岸のまち、紋別で山海の幸を楽しむ自転車大会開催!
かつて東洋一の産出量を誇った金山跡での砂金すくい体験、エゾシカの解体見学、地産木材を使ったお土産づくり、沿道の牧場見学、サイクリング後のバーベキュー大会・・・「紋別の歴史、食、産業を楽しむ」全く新しい形の自転車大会の記念すべき第一回開催に出場しませんか?

ファンライドとヒルクライムを別日にそれぞれ実施。初日のファンライドはレース後のバーベキューに自由参加可能!紋別の食をご堪能ください。

ファンライドでは短距離(往復30km)、長距離(周回80km)のコースを設定。短距離参加者は途中、砂金すくい体験にご参加いただきます。

ファンライド、ヒルクライムとも各100名限定。皆様のご参加をお待ちしております!

定員
[ファンライド]100人(長距離70人、短距離30人)
[ヒルクライム]100人
※定員になり次第、締め切り
その他
小人料金の設定はございません。年齢性別に関わらず均一料金となります。

種目

ファンライド【 2019年9月21日(土)開催 】

ファンライド:長距離(約80km)【9/21】

参加料 受付状況
5,000円 受付中

ファンライド:短距離(約35km)【9/21】

参加料 受付状況
4,000円 受付中

ヒルクライム【 2019年9月22日(日)開催 】

ヒルクライム(4.2km):40歳未満男子【9/22】

参加料 受付状況
1,000円 受付中

ヒルクライム(4.2km):40歳以上男子【9/22】

参加料 受付状況
1,000円 受付中

ヒルクライム(4.2km):女子【9/22】

参加料 受付状況
1,000円 受付中

特徴

コースの特徴
【初日】鴻之舞金山をメインとするコースを往復(短距離)または周回(長距離)する、順位を競わないファンライドを実施。
【2日目】紋別スキー場への林道4kmを利用したヒルクライムコースにてカテゴリー別レースを実施
参加賞
[ファンライド]エゾシカの角や紋別で伐採した木材を利用したグッズ等(予定)
[ヒルクライム]参加費が低額のため、選手への手土産はございません
表彰
[ヒルクライム]
「40歳未満男子」、「40歳以上男子」、「女子」の3カテゴリーに分け、各々優勝~3位まで商品を授与。目録は以下を予定しております。
優勝者:サイクルジャージ、海産物
準優勝者、3位入賞者:海産物
その他
【大会の特徴】
(1)食育
21日のファンライドでは、レース後会場でエゾシカの解体を行う予定です。また紋別の山海食材によるバーベキュー大会を実施します。
※猟の状況その他諸事情で、エゾシカの解体は中止の場合もあります。予めご了承ください。
(2)歴史フィールドワーク
上記ファンライド、短距離の参加者は鴻之舞金山到着後、ボランティアガイドの案内により金鉱跡を散策し、その後「砂金すくい体験」にご参加頂きます。
(3)地場産業体験
ファンライドルート上のいくつかの牧場で、トイレの拝借と短時間の見学(案内はつきません)が可能。サイクリングついでに「北海道の牧場の敷地内」を見る貴重な機会となります。またバーベキューの時間に簡単な林業体験または見学も予定しております。
(4)安価な参加費
22日のヒルクライムは、ひとりあたり千円という破格の参加費で承ります。但し公認レースではないため、ポイント等の対象外であること、主催者側はカテゴリーごとの順位だけを視認し、タイム計測は選手各自で実施頂く点、ご了承願います。

エントリー手続きの流れ

必要な情報
大会当日の年齢、メールアドレス、血液型、緊急連絡先(電話)、緊急連絡先(氏名) 他
>> 詳細を確認(新しい画面を開きます)
参加通知書について
参加通知書は、大会事務局より大会開催1週間から10日前ごろ発送予定です。
尚、この件に関しましては、下記大会事務局へお問合せ願います。
◆紋別ヒルクライム実行委員会 TEL0158-24-3900(担当:井上)

当日

  • [ファンライド]スタート地点
  • [ヒルクライム]スタート地点

競技・コース

コース詳細
[ファンライド]
https://www.google.com/maps/d/u/0/viewer?mid=15IKS6hNr6EI22R8vHUE1ZRpjoUOwSVre&ll=44.21531755661954%2C143.28851325000005&z=11

■生涯学習センター⇒上藻別駅逓
上記マップ(1)⇒(4)の片道17.3km。標高差89mの緩やかな上りで初心者向け。短距離コースはこのルートの往復です。上藻別駅逓では鴻之舞金山散策と砂金すくいをお楽しみください。金脈を発見された方は速やかに、かつこっそり実行委員会までお知らせ願います。
■上藻別駅逓⇒上渚滑
マップ(4)⇒(5)の10kmは緩やかな上り、更に4kmのヒルクライムで(7)の狐沢橋(最高標高地点・401m)に到着です。それ以降は8.5kmほど緩やかな下りとなります。直線区間も多いため、スピードの出し過ぎにご注意願います。当区間は太陽牧場でトイレ拝借できます。
■上渚滑⇒生涯学習センター
マップ(13)から(17)を経て(1)に戻ります。国道273号から道道553号への分岐(15)を通り過ぎぬよう、永峯牧場の北欧風赤壁の巨大牛舎を目印にしてください。牛舎を過ぎて最初の四辻を「鴻ノ舞」方面へ右折!標高差120m、(16)近辺の1.8kmの上りを除けば概ね平坦です。

[ヒルクライム]
https://www.google.com/maps/d/u/0/viewer?mid=1GiNyq0dRvvLNMnx401XakqG2LqwZkO5c&ll=44.34666187472782%2C143.3240871999999&z=15

ヒルクライムコースについては、「4.2kmの激坂をただひたすら漕ぐ」につきますので、特に概要はございません。
ファンライドについては、大会開催当日、トイレや見学可能な牧場等の情報を盛り込んだA4サイズのマップを、改めて参加者にお渡しする所存です。
競技方法
【機材に関する制限】
ファンライドは二輪自転車であれば、特に制限はございません。ママチャリでも電動自転車でも参加可能。但し周囲の参加者に不快感を与えるような機材のご使用はご遠慮願います。公道を走行するため一輪車、タンデム車は不可となります。
ヒルクライムは電動その他動力付き自転車は不可ですが、その他はハンドル形状、車輪サイズ、重量その他全て自由です。

主催者情報・お問い合わせ

事務局
北海道紋別市幸町5-24-1 紋別ターミナル1階 紋別観光案内所内

紋別ヒルクライム実行委員会
電話番号
0158-24-3900(担当:井上)
問い合わせ先
mail to...

その他

規約
【同意書】
「紋別ファンライド&ヒルクライム」大会(以下、「大会」という)参加希望者は、以下の項目に同意の上、お申し込みください。
1.主催者は、参加者の傷病や参加者自身の自転車を含めた所有物の紛失または盗難、その他の事故に際し、応急措置を除いて一切の責任を負いません。
2.自己都合によるお申し込み後のコース変更はできません。またキャンセルに際しての参加料は返金できません。
3.氏名、年齢、性別等の虚偽申告及び申込者本人以外の出場は認めません。この場合、出場は取り消されます。
4.上記2、3及び地震、風水害、降雪といった天災、ならびに紛争・戦闘行為といった急激、偶然、外来の要素により大会を中止する場合でも、原則として参加料は返金できません。なお大会を中止する場合は、主催者が速やかにオフィシャルHPにて周知します。
5.大会出場中の映像・写真・記事・記録等のテレビ・雑誌・インターネット等への掲載権は主催者に属します。
6.主催者は個人情報の保護法令を遵守し、参加者の個人情報を取り扱います。
7.参加者は自らの責任において安全管理・健康管理を行い、大会当日、体調不良の場合は参加の辞退を辞退してください。また、大会役員がサイクリングの続行が不可能と判断した場合は、本人の意思にかかわらずサイクリングを中止していただきます。
8.自転車での走行にあたっては、交通ルールを守り、大会役員の指示に従うとともに、大会規約を必ず守っていただきます。
9.大会プログラムの印刷物やホームページ等に参加者氏名、住所(都府県又は市町村名のみ)を掲載し、公開する場合があります。
10.その他、主催者が定めた規約、注意事項、指示等を必ず守っていただきます。

【個人情報について】
主催者は、個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律及び関連法令を遵守するとともに、主催者の個人情報保護方針に基づき大会運営にあたります。

【免責事項】
大会中の事故については、大会開催傷害保険による保険給付限度額以上の補償には応じられません。

上記項目にいずれも同意した上で、大会への参加を希望します。

【紋別ファンライド&ヒルクライム大会規約】
本大会の「ファンライド」部門はタイムを競うレースではなく、コース上は一般車両の交通規制をしていませんので、一時停止、赤信号での停止などの基本的な交通規則を遵守し、追走・並走・割り込みなどはしないでください。なお制限時間を超えた場合はタイムオーバーとなり、続行できません。

(車種の規制)
参加者が使用できる自転車は、フリーギアとし前後ブレーキは完全なもの(形状は問いません)とします。 以下、公道での走行がそもそも禁止されている車種等による参加は厳禁とし、それらの使用による参加が判明した場合、大会への参加はその時点で取り止めとし、参加料の返金にも応じません。
ファンライドに関しては適宜整備されたものである限り、電動式アシスト自転車での参加を認めます。 ヒルクライムへの参加者については、電動式その他あらゆる外的動力装置の付随する車両での参加は不可となります。それらの使用による参加が判明した場合、順位外とし、表彰の対象からも外れます。
当日の会場では検車は行いません。事前に安全点検をすませてください。
【使用不可の車両】
・リカンベント
・ピストバイク(固定ギヤ車)
・タンデム自転車
※自転車によるけん引・二人乗り走行は不可。
※その他、主催者が危険と判断した場合は参加をお断りすることがあります。

(ヘルメット・手袋の着用等)
走行中は自転車用ヘルメット・手袋を必ず着用願います。
また、当日主催者側から参加者個々人の登録番号を兼ねたゼッケンを配布する場合がございます。大会関係者が身元確認をする際に使用しますので、必ずウエア(胸の位置)に着用してください。

(自転車の管理について)
参加者の持参する自転車の盗難、破損などに際して、主催者側では一切の責任を負いません。自転車には鍵をかける等、各自で管理をお願いします。
※自転車、その他工具のレンタルは行いません。 空気入れはコース上の特定位置にセットする予定です。

(牧場等での休憩について)
ファンライドでは、コース上の同意を得た牧場ないし農場でのトイレ休憩、施設の見学を可能とします。施設一覧は大会当日に参加者に配布しますが、以下を絶対遵守願います。
・一覧にない施設への無断立ち入りは行わない。
・トイレ休憩場所の提供に同意した施設であっても、無断で許可された場所以外への立ち入りは行わない(家畜等への伝染病を防ぐための、地域産業を保護するための措置につき、遵守されない場合には不法侵入者としての対応を講じます)。

(交通ルールの遵守)
≪交差点の走行≫
交通ルールを守り、自転車と車の円滑な走行にご協力ください。横断する歩行者がいれば道を譲ってください。
≪左側走行の遵守≫
コースを走行するときは安全上、左側一列走行を遵守してください。
≪並走走行・蛇行の禁止≫
全てのコースにおいて、他の参加者との並走走行は交通の妨げになるので禁止します。蛇行走行も禁止です。
≪停止≫
コース上停止する時は、必ず前後の安全を確認し、後方の方に合図をおくり、端に寄せ、ゆっくりと停車し、安全な場所へ移動してください。
≪後方車輌への注意≫
走行中は後方の車輌にご注意ください。後方車輌の有無はご自身の目と耳で確認してください。
≪二段階右折≫
交通法規に従って、二段階右折が必要な交差点では、二段階右折を行ってください。

(走行中の事故対応)
走行中に事故を起こした場合や怪我をした場合、また、それらを目撃した場合は、サポートスタッフ、立哨員まで必ず連絡してください。サポートスタッフ、立哨員が見当たらない場合は大会事務局まで直接連絡してください。
※緊急を要する場合はご自身で、110番、119番へ連絡してください。
また参加者は必ず自身の健康保険証を持参してください。

(大会参加者の保険について)
大会中の事故を補償する、参加者を被保険者とした傷害保険に加入しますが、参加者に対する補償額は大会に掛けられた傷害保険の範囲内であり、充分なものではない可能性が生じる点をご了承ください。保険料は主催者が負担します。
補償期間:2019年9月21日のスタートからゴールまでと、同22日のスタートからゴールまで
なお、参加者ご自身で保険に加入している場合、保険の種類によっては、警察の交通事故証明が必要になる場合があります。

(同意書の遵守)
その他、同意書に記載した事項について遵守頂きます。
以上

ONLINE SHOP

〈冬のおすすめ品〉ランニング用腹巻き

〈冬のおすすめ品〉ランニング用腹巻き

ランナーが開発した、フルマラソンを走ってもズレないフィット感抜群のロングセラーアイテムのランニング用腹巻きに「スリムタイプ」が登場。約40%の軽量化でより動きやすくなりました。冬の海でもダイバー達を守るほど保温性に優れている”クロロプレンラバー製”で、冬場のランニングでのお腹の冷えや、汗冷えによる冷えの悪化などにお悩みの方にもお勧めです。

HEALTH POINT(ヘルスポイント) ランニング用腹巻き(スリムタイプ)
販売価格¥5,184

0

「紋別ファンライド」および「紋別ヒルクライム」大会のクチコミ

クチコミはまだ投稿されていせん

参加宣言、質問、感想等お待ちしています!

「紋別ファンライド」および「紋別ヒルクライム」大会のFacebookコメント

Page Top