第8回 日光白根ヒルクライム

受付中
開催日:
2019年4月21日(日)開催
申込期間:
2019年1月3日(木) ~
2019年3月31日(日)
開催場所:
群馬県利根郡片品村東小川 丸沼高原スキー場(特設会場)
公式サイト:
http://ozesp.com

エントリー方法: 先着
定員に達した時点で締め切ります

参加申込をする

~春の目覚めまだ浅い関東以北最高峰の山「日光白根山」の峠を走る自転車大会~
レース初心者もチャレンジ可能、ベテランは上りのテクニックを試せるコース!
1時間以内で完走できる自信があればママチャリでチャレンジ部門にエントリーOK♪

定員
300名+村内宿泊者枠あり
※定員になり次第、締め切り
参加資格
中学生以上の健康な「坂道好き」なアマチュアサイクリスト
その他
【参加料 各部門共通】
<男子>
●一般   4,900円
●60歳以上 4,500円
●中・高生 4,000円
<女子>
●全員   4,000円
※部門・参加料の年齢は大会日が基準です
※【チャレンジ部門】はロードバイク以外の自転車で参加する選手です

種目

1)ロードバイク男子A(29歳以下):中・高校生

スタート 参加料 受付状況
10:00 4,000円 受付中

1)ロードバイク男子A(29歳以下):18~29歳

スタート 参加料 受付状況
10:00 4,900円 受付中

2)ロードバイク男子B(30歳~44歳)

スタート 参加料 受付状況
10:00 4,900円 受付中

3)ロードバイク男子C(45歳~59歳)

スタート 参加料 受付状況
10:00 4,900円 受付中

4)ロードバイク男子D(60歳以上)

スタート 参加料 受付状況
10:00 4,500円 受付中

5)ロードバイク女子

スタート 参加料 受付状況
10:00 4,000円 受付中

6)チャレンジ男子:中・高校生

スタート 参加料 受付状況
10:00 4,000円 受付中

6)チャレンジ男子:18~59歳

スタート 参加料 受付状況
10:00 4,900円 受付中

6)チャレンジ男子: 60歳以上

スタート 参加料 受付状況
10:00 4,500円 受付中

7)チャレンジ女子

スタート 参加料 受付状況
10:00 4,000円 受付中

特徴

コースの特徴
丸沼高原スキー場 特設会場 ~ 金精トンネル入り口 11.4km
最大標高差470m 平均斜度4.1% スタート標高1386m ゴール標高1854m
(コースは冬期閉鎖中の国道120号線を競技専用道路として利用します)
表彰
[ロードバイク部門]各1~6位
※但し、部門参加者が15名以下は統合または1位のみの表彰
[チャレンジ部門]1位

エントリー手続きの流れ

必要な情報
大会当日の年齢、所属チーム名、携帯電話、E-mail、【緊急連絡先】氏名 他
>> 詳細を確認(新しい画面を開きます)
参加通知書について
大会事務局より4月中旬頃にエントリーの際に登録したメールアドレスに参加案内ファイル(PDF)を添付し送信いたします。
18歳未満または高校生の方には、誓約書ファイルも添付いたします。
◆日光白根ヒルクライム実行委員会 TEL090-1122-6312(9:00~17:30)

当日

  • 開催場所
受付場所
丸沼高原スキー場第2駐車場特設会場
受付時間(前日)
13:00~15:30
※前日受付特典:上記時間内に限りコース試走可能
受付時間(当日)
8:00~9:00

アクセス

お車をご利用の場合
関越自動車道 沼田ICから国道120号線 尾瀬・日光方面へ車約45分

競技・コース

競技方法
「日光白根ヒルクライム」大会規則等
「日光白根ヒルクライム」は、日光白根山にある丸沼高原スキー場~金精トンネルまでの日光国立公園内の国道120号線を、自転車と大自然を満喫しながら競うアマチュアサイクリストの大会です。

【参加年齢・資格等について】
・中学生以上の健康状態が良好である坂道好きなアマチュアサイクリストで心臓に障害がない方。
・18歳未満または高校生が参加される場合は、保護者の同意が必要です(年齢判定は大会当日を適用)。
・ロードバイク部門は特殊なハンドルバーの取り付け不可。チャレンジ部門はロードバイクと電動アシスト自転車以外の自転車。交通法規に準じた一般公道を走れる自転車とし、当コースを1時間以内で完走できる自信がある方。
・大会の安全な運営に支障をきたすと判断された方は、参加受付後でも参加を取り消しさせて頂く場合があります。
・参加資格を他人に譲渡する事は出来ません。

【自転車と機材及び装備品等】
・当日に検車や整備機材はありませんので、前後ブレーキなど、十分整備された自転車でご参加下さい。
・競技中はサイクルヘルメットと手袋を着用し、配布されるゼッケン・計測チップ等は指示された箇所におつけ下さい。
・安全のため競技中に危険となる部品は事前に外しておいて下さい。
・安全に自転車走行ができる服装でご参加下さい。標高が高い場所は天候が急変しやすく、また、汗をかいた後は体温が急激に下がる場合があります。念のため装備品等は冬物をお持ち下さい。
・スタート地点で一人につき1個の荷物をお預かりし、ゴール地点まで輸送いたします(防寒着必須、貴重品を除く)

【競技・表彰について】
・参加者は、大会が一般道で行われる個人の責任で走るサイクリングであることを承知し、一般交通法規はもちろん、大会が設けた規約・規則等を遵守しスムーズな大会運営に協力して下さい。
・追走してくる競技者に対し故意に邪魔をしてはならない、追い抜かれる競技者はコース左側を走行して下さい。
・リタイアする場合は必ずスタッフや大会本部にご連絡下さい。1時間以内にゴールできない場合はリタイアとなります。
・スタートは少人数のタイムトライアル制です。
・下山は参加者全員の競技終了後となります。(ゴール地点手前2km付近に休憩所設置)
・チャレンジ部門は1位のみ表彰致します。ロードバイク部門は各1~6位を入賞とします。
但し、部門参加者が15名以下は統合または1位のみの表彰。入賞者が表彰式に欠席した場合は入賞を取り消し、空位となります。

【事故等】
・事故等が発生、または確認した場合はスタッフへすみやかに報告して下さい。重大な怪我の場合は119通報も合わせて行って下さい。加入の保険によっては、警察の事故証明の提出が必須の場合があります。
・落車などにより軽傷を負われた場合は、スタッフが携行する救急道具での応急措置や病院等で応急処置を受けられますが、その後については、参加者本人の責任で適切な処置を受けて下さい。事故に要する経費(治療費・交通費など)は参加者の負担となります。主催者が入る傷害保険とは別に各個人で保険の加入をお勧めいたします。
・主催者は参加者全員に対して傷害保険に加入します(死亡200万円 入院日額3000円 通院日額1000円)。主催者が加入する保険は大会開催当日の時間内に適用します。傷害による保険のため、傷害以外の要因による死亡・入院・通院には適用されません。念のため、健康保険証をご持参下さい。
・前日の試走は上記補償の対象外です。試走及び大会日の自転車等の故障・破損についての補償は行っていません。

【その他】
・前日の試走・大会スケジュールは悪天候等で中止・変更・短縮される場合があります。
・参加料は大会中止・不参加の場合でも払い戻しを行いません。誤入金も返金は行いませんのでご注意下さい。
・コース上にエイドステーションはありません。ゴール・休憩所には飲料水を用意しております。
・競技終了後に計測チップを回収致します。計測チップの破損・未返却は実費(8,640円)を請求致します。リタイアする場合も必ず計測チップを返却して下さい。
・コース内の冬期通行止め区間には大会関係者や許可された車両以外は入れません。

スケジュール

当日
09:30    開会式
10:00    スタート
12:00予定  競技終了
13:30予定  閉会式

主催者情報・お問い合わせ

事務局
群馬県利根郡片品村花咲2792-78

日光白根ヒルクライム実行委員会(オウレット内)
電話番号
090-1122-6312(09:00~17:30)
問い合わせ先
mail to...

その他

規約
私は、第8回 日光白根ヒルクライムに参加するにあたり、下記すべての事項を承諾し大会に参加することを誓約します。
また、私が18歳未満または高校生の場合は、保護者が下記のことを誓約のうえ参加することに同意したことを証します。

1.大会主催者が設けた全ての規約、規則、指示等に従うことに同意します。
2.私の健康状態は良好であり、私の自覚と責任において安全と健康に十分な注意を払って大会に参加します。心臓の障害はありません。
3.私は大会が危険を伴うと認識をし、変化しやすい自然環境の中で行われ、参加者の体調は急激に変化する特性があることを十分に認識しております。また、コースは広い範囲に設定されるため、緊急時の救護あるいは対応に支障をきたす可能性が高いことを良く理解しております。
4.走行中は私が被害者又加害者となる事故が発生した場合、原因の如何を問わず、自己責任において処理し主催者および関係者に責を帰さないことを誓います。また、主催者により続行に支障があると判断された場合は中止勧告を受け入れます。私が大会中に負傷したり、事故に遭遇したり、あるいは発病した場合には、私に対し処置が施されることを承諾し、その処置の方法および結果に対しても異議を唱えません。
5.私は、大会中および付帯行事の開催中に負傷した場合、またはこれらに基づいた後遺症が生じた場合、あるいは死亡した場合においても、その原因の如何を問わず、大会に関わるすべての大会関係者に対する責任を一切免除いたします。また、私に対する補償は大会に掛けられた傷害保険の範囲内であることを確認了承します。従って、私はここに、私自身・私の遺言執行人・管財人・相続人・近親者などのいずれからも、私が被った一切の傷害について賠償請求・訴訟の提起およびそれらの弁護士費用などの支払請求を行わないことを誓います。
6.私は、気象状況の悪化および走行環境の不良など主催者の責に帰すべからざる事由により、大会が中止になった場合、または内容に変更があった場合、さらには所持品及び用具の紛失・損害などにより大会参加者に支障が生じた場合においても、主催者に対してその責任を追及しないこと、並びに大会への参加のために要した諸経費(参加費を含む)の支払請求を一切行わないことを誓います。
7.私は、私の肖像・氏名・住所・年齢・競技歴及び自己紹介などの個人情報が、大会主催者が作成するウェブサイト、大会パンフレット、大会に関連する広報物、報道並びに情報メディアにおいて使用されることを了承し、付随して主催者が制作する印刷物・ビデオ並びに情報メディアによる商業的利用を承諾いたします。
8.私の家族・親族または保護者は、本誓約書に基づく大会内容を理解かつ了承し、私の大会参加を承諾しています。
9.本契約書の解釈に凝議が生じた場合、大会にかかわる規則に従い解決することを承諾します。万一、大会に関する争いが生じた場合、その第一審の専属管轄権は前橋地方裁判所とし、準拠法は日本法とする事に同意いたします。
10.私は参加申込書の全ての記載事項が事実かつ正確であることを誓います。申込者本人以外への出場権を譲渡しません。
その他
その他募集要項など詳しくはホームページをご覧ください。
■ホームページ http://ozesp.com

【選手及び応援される皆様へご参考までに】
・応援をされる方に「応援バス」を運行いたします。受付会場を09:50頃に出発予定です。
「応援バス」の下山は全選手の競技が終了後となります。競技途中に下山は出来ませんので、ご了承ください。
・コース内は標高が高く、天候に関係なく大変冷え込む場合があります。防寒対策を万全にしてお越しください。
・受付会場付近にあるスキー場のレストランや売店、自販機は営業しております。会場の13km圏内にはコンビニなどの店舗がありませんので、必要な物はご持参される事をお勧めいたします。

ONLINE SHOP

〈冬のおすすめ品〉ランニング用腹巻き

〈冬のおすすめ品〉ランニング用腹巻き

ランナーが開発した、フルマラソンを走ってもズレないフィット感抜群のロングセラーアイテムのランニング用腹巻きに「スリムタイプ」が登場。約40%の軽量化でより動きやすくなりました。冬の海でもダイバー達を守るほど保温性に優れている”クロロプレンラバー製”で、冬場のランニングでのお腹の冷えや、汗冷えによる冷えの悪化などにお悩みの方にもお勧めです。

HEALTH POINT(ヘルスポイント) ランニング用腹巻き(スリムタイプ)
販売価格¥5,184

8

第8回 日光白根ヒルクライムのクチコミ

初参戦

今年最初のレース。気合い入れてガンバルビィ└(。`・ ω ・´。)┘

icon
祥吾 さん
2019.01.10  返信  0  件  [不適切報告]
2019年第一戦!

昨年は年初に足首骨折でリハビリの一年でしたが、経過が思わしくなく歳(老い)を感じます(笑)
正座がろくに出来ない程度の不安な回復状況ですが、乗れる時に乗っとかないと、いつ乗れなくなるかわからん!だから、出る!(・∀・)ノ

icon
2019.01.08  返信  0  件  [不適切報告]
ツール・ド・草津の代わりに初出場です。

ツール・ド・草津に出ていました。残念ながら、草津白根山の噴火で、ツール・ド・草津の当分再開は無理でしょうね。
仕方なく前橋渋川シティーマラソンに出ようと思っていたのですが、そちらの方も今年から、10kmコースがなくなってしまいました。
‥‥と言うことで、今回日光白根ヒルクライムに初出場です。
楽しみにしています。

icon
Kuro さん
2019.01.07  返信  0  件  [不適切報告]
昨年7月からの

往復32kmの自転車通勤の効果を確認したいと思います。
4回目の出場で毎回タイムがおちていますので、今回は食い止めたい!

icon
2019.01.05  返信  0  件  [不適切報告]
今年は自己記録向上

しっかり練習するぞ。

icon
ほそ さん
2019.01.04  返信  0  件  [不適切報告]

前の5件 次の5件

 前回開催のクチコミを見る

第8回 日光白根ヒルクライムのFacebookコメント

Page Top