第14回 ヒルクライム・イン・王滝村

受付終了
開催日:
2018年5月27日(日)開催
※前日選手受付あり
申込期間:
2018年1月26日(金) ~
2018年4月23日(月)
開催場所:
長野県木曽郡王滝村 松原スポーツ公園
公式サイト:
http://www.powersports.co.jp

御嶽山を舞台に、標高890mから2,180mまで一気に駆けあがるヒルクライムレース!
松原スポーツ公園から王滝村村内を抜けて御岳スカイラインを駆け上がり、おんたけ2240スキー場を越えてフィニッシュ地点の田の原を目指す。
中盤より最後まで続く激坂の連続はクライマー垂涎のコースレイアウト!
明るく開けたコースは見晴らしも抜群。ゴールでは御嶽山の雄大な景色があなたを迎えてくれます!
3人1チームでエントリー、3人の合計タイムにより競う「チーム対抗ヒルクライム」も開催! みなさんの挑戦をお待ちしています!!

【チーム対抗ヒルクライムについて】

3名1チームでメンバーの合計タイムにより競います。
※3名それぞれ下記種目への申し込みが必要です。

※それぞれの入力項目でチーム名・メンバー情報をご入力ください。
(必ずチーム名を統一してください。チーム名にて同一チームと判断いたします。)
定員
600名(定員になり次第締め切ります。)
参加資格
16歳以上の健康な男女
開催地への宿泊・商店などの利用を通じて地域振興にご協力いただける方(任意)
その他
【参加費】
男性:6,000円
女性/高校生以下:3,000円
※大会記念品・傷害保険を含む。
※申込受付後は、参加料の返還はいたしませんのでご了承ください。

種目

■ロードレーサーの部

(1)ロードレーサーの部:チャンピオンクラス[18歳以上]

スタート 参加料 受付状況
08:00 6,000円 受付終了

(1)ロードレーサーの部:チャンピオンクラス[高校生以下]

スタート 参加料 受付状況
08:00 3,000円 受付終了

(2)ロードレーサーの部:男子A[18歳~29歳]

スタート 参加料 受付状況
08:00 6,000円 受付終了

(2)ロードレーサーの部:男子A[高校生以下]

参加料 受付状況
3,000円 受付終了

(3)ロードレーサーの部:男子B[30歳~39歳]

スタート 参加料 受付状況
08:00 6,000円 受付終了

(4)ロードレーサーの部:男子C[40歳~49歳]

スタート 参加料 受付状況
08:00 6,000円 受付終了

(5)ロードレーサーの部:男子D[50歳~59歳]

スタート 参加料 受付状況
08:00 6,000円 受付終了

(6)ロードレーサーの部:男子E[60歳~]

スタート 参加料 受付状況
08:00 6,000円 受付終了

(7)ロードレーサーの部:女子A[16歳~29歳]

スタート 参加料 受付状況
08:00 3,000円 受付終了

(8)ロードレーサーの部:女子B[30歳~39歳]

スタート 参加料 受付状況
08:00 3,000円 受付終了

(9)ロードレーサーの部:女子C[40歳~]

スタート 参加料 受付状況
08:00 3,000円 受付終了
■MTBの部 ※MTBは、タイヤ幅1.9インチ以上、ハンドルバーはフラット及びライザーバーとする

(1)MTBの部:男子[18歳以上]

スタート 参加料 受付状況
08:00 6,000円 受付終了

(1)MTBの部:男子[高校生以下]

スタート 参加料 受付状況
08:00 3,000円 受付終了

(2)MTBの部:女子[16歳以上]

スタート 参加料 受付状況
08:00 3,000円 受付終了

特徴

表彰
各クラス別 1~6位
総合男女 1~10位
[チーム対抗]1~3位

エントリー手続きの流れ

注意事項
>> 注意事項を確認(新しい画面を開きます)
参加通知書について
大会事務局より大会開催1週間前から10日前ごろに発送予定です。
尚、この件に関しましては、下記大会事務局へお問合せ願います。
◆ヒルクライムイン王滝村大会事務局 TEL0467-84-8639

当日

  • 開催場所
受付時間(前日)
■5月26日(土)
13:00~17:00
受付時間(当日)
■5月27日(日)
6:00~6:50

アクセス

駐車場
あり
駐車場説明
※車でお越しの方は、「松原スポーツ公園」駐車場をご利用ください。
電車・バスをご利用の場合
[大阪]新幹線:大阪~名古屋(70分)~JR中央本線特急~木曽福島(86分)~バス40分
[東京]特急:東京~塩尻(160分)~JR中央本線特急(26分)~木曽福島駅~バス40分
お車をご利用の場合
[大阪]吹田ICから300km/約4時間30分
[東京]高井戸ICから255km/約3時間40分

宿泊

宿泊問合せ先
王滝観光総合事務所
http://www.ontake.jp/
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村2758-1
TEL.0264-48-2257/FAX.0264-48-2258
その他
※松原スポーツ公園内はキャンプ・テント・タープ等の設営・宿泊は禁止です。お近くのキャンプ場をご利用ください。テントは見つけ次第撤去して頂きますが、従って頂けない場合は出場資格を取り消します。

競技・コース

競技方法
【競技内容】
松原スポーツ公園から田の原天然公園駐車場まで、往路のみ約24kmのタイムトライアルレース

【競技クラス】
●ロードレーサーの部
(1)チャンピオンクラス 
(2)男子A[16歳~29歳]
(3)男子B[30歳~39歳]
(4)男子C[40歳~49歳]
(5)男子D[50歳~59歳]
(6)男子E[60歳~]
(7)女子A[16歳~29歳]
(8)女子B[30歳~39歳]
(9)女子C[40歳~]

●MTBの部
(1)男子[16歳~年齢区分無し]
(2)女子[16歳~年齢区分無し]
※MTBは、タイヤ幅1.9インチ以上、ハンドルバーはフラット及びライザーバーとする。

【チーム対抗ヒルクライム】
カテゴリーおよびバイクの種類を問いません。
その他
【失格事項】
1.ゴミをレース中に投棄した選手
2.条件を偽って参加した選手
3.競技規則に違反、スタッフの指示に従わなかった選手
4.規定の時間を超えて関門に到着した選手及び最終制限時間を超えた選手
5.ゼッケンを着用しなかった選手、または加工・折り曲げて着用した選手
6.必要装備品を携帯しなかった選手
7.自然保護に違反する行為があった選手
8.不正行為があった選手
9.55歳以上の選手対象:大会当日から半年以内の間に健康診断を受診していない選手
※大会当日、健康診断書の提出は不要ですが、状況により、後日提出していただく場合があります。
※実行委員会が全ての事項を監視することは不可能なので、大会期間中は参加選手が審判員となり、失格事項に値する選手の申告制度を適用する。

スケジュール

前日
13:00~17:00 前日選手受付
当日
06:00~06:50 当日選手受付
07:00     選手集合
07:15~07:45 開会式/競技説明
08:00~11:00 競技
13:00~    表彰式

主催者情報・お問い合わせ

事務局
神奈川県鎌倉市常盤628-3 パワースポーツ内

ヒルクライムイン王滝村大会事務局
電話番号
0467-84-8639
問い合わせ先
mail to...

その他

注意事項
(1)受付時間:2018年5月26日(土)13:00~17:00
       2018年5月27日(日)6:00~6:50
(2)ゴミは必ず各自で持ち帰ってください。
(3)当日は必ず健康保険証を持参してください。
(4)レース途中天候が悪化した場合やコースの状況により、主催者側で判断し中止する場合があります。
(5)レース中の事故については、応急処置は行いますが、それ以上の責任は負いません。
(6)競技続行が不可能と判断された選手は、スタッフが競技を中止させる場合があります。
(7)記録計測は計測タグを使用します。紛失・破損された場合実費(4,000円)をご請求させていただきます。
(8)違反内容によりフィニッシュタイムにペナルティタイムを加算する場合があります。
(9)松原スポーツ公園内はキャンプ・テント・タープ等の設営・宿泊は禁止です。お近くのキャンプ場をご利用ください。また、従って頂けない場合は出場資格を取り消します。
規約
【申込規約】
1.自己都合による申込み後の登録内容の変更、キャンセルはできません。また、過剰入金・重複入金の返金もできません。
2.年齢・性別の虚偽申告・申込み本人以外の出場(不正出走)は認めません。発覚した場合は出場が取り消されます。
3.地震・風水害・降雪・事件・事故等による中止の返金はいたしません。
4.大会出場中の映像・写真・記事・記録等の、テレビ、新聞、雑誌、インターネット等への掲載権は主催者に属します。
5.大会申込者の個人情報の取扱いは、別途記載する主催者の規約に則ります。
6.私は、大会が定める必要装備品を必ず持参します。もし違反した場合は失格となることを承知します。
7.上記の申込規約の他、主催者が別途定める大会規約に則ります。(齟齬がある場合は大会規約が優先します)

【誓約書】
私は、ヒルクライム・イン・王滝村(開催日:2018年5月27日)>(以下、大会と略す)への参加にあたり、下記のことを誓います。
[規則の準備義務と自己管理責任]
1.私は、大会が山中の自然環境を利用して行なわれるため大会主催者(以下、主催者と略す)が設けた全ての規約・規則・指示を順守し、私個人の責任において安全管理・健康管理に十分な注意を払い大会に参加し、万一体調などに異常が生じた場合はすみやかに競技を中止する事を誓います。
[競技特性の理解と参加適性]
2.私は、マウンテンバイクあるいはロードバイクの経験が十分にあり、大会が変わりやすい自然環境の中で行なわれる競技であり、競技者の体調は急激に変化する特性があることを認識しております。また、レースコースが変わりやすい山中に設定されるため、緊急時の救護あるいは対応に支障をきたす可能性が高いことを良く理解しております。 現在、私の健康状態は良好であり、大会の参加になんら問題を生じることは予想されません。
さらに私は、大会日よりさかのぼり1年以内に医師の健康診断の結果、健康であることが確認されています。またアレルギー体質、過敏症などの特異体質や既往症など、さらには宗教上その他の理由により、大会医療班が緊急医療のために知っておいて欲しいことがある場合は、事前に主催者に書面で申告致します。なお、主催者からの要請があれば、健康診断書・負荷心電図証明書を提出致します。
[競技の中止勧告順守と応急処置]
3.私は、主催者により競技続行に支障があると判断された場合主催者の競技中止勧告を受入れます。また大会中に私が負傷もしくは事故に遭遇する、あるいは発病した場合、医師及び主催者が私に対し応急処置を施す事を承諾し、その応急処置の方法及び結果に対しても異議を唱えません。
[負傷・死亡事故の免責]
4.私は、競技中および付帯行事の開催中に負傷した場合、またはこれらに基づいた後遺症が発生した場合、あるいは死亡した場合においても、その原因のいかんを問わず、 大会に係わる全ての大会関係者に対する責任の一切を免除致します。また、私に対する補償は大会に掛けられた傷害保険の範囲内(下記参照)であることを確認・了承いたします。従って、私はここに、私自身、私の遺言執行人、管財人、相続人、近親者などのいずれからも、私が被った一切の傷害について賠償請求、訴訟の提起およびそれらのための弁護士費用などの支払い請求を行なわないことを誓います。
<主催者契約の保険金額>死亡・後遺障害500万円・入院日額3,000円・通院日額2,000円
[不可抗力事項の免責]
5.私は、気象状況の悪化及び競技環境の不良など大会主催者の責に帰すべからざる事由により、大会中止になった場合、また競技内容に変更があった場合、さらには競技用具の紛失・破損などにより競技あるいは競技参加に支障が生じた場合においても、主催者に対してその責任を追及しない事並びに大会への参加の為に要した諸経費(参加費を含む)の支払い請求を一切行なわないことを誓います。
[肖像権などの広報使用と商業的利用]
6.私は、私の肖像・氏名・住所・年齢・競技歴などが、大会に関連する広報物全般および報道・情報メディアにおいて使用されることを了承し、これらに付随して主催者・管轄競技団体が制作する印刷物・ビデオ・情報メディアなどによる商業的利用を承諾致します。

2018 ヒルクライム・イン・王滝村 大会実行委員会 御中
私は、大会への応募用書類のすべての記載事項が真実かつ正確であることを誓います。
また、私および私の保護者(未成年の場合)は、大会の誓約書および大会傷害保険を含む大会の内容を良く理解し承諾したことを誓い、必要事項を入力します。
3

第14回 ヒルクライム・イン・王滝村のクチコミ

参加品が・・・

御嶽はとても好きで過去5回参加しています
この大会のいいところは最高のコースと参加品のTシャツ
エントリーでサイズを聞かれたので今年はどんな色かワクワクしていましたが
参加品は地元のお菓子2個、賞味期限2018.5のパワーバー
開催日が5月27日・・・
がっかりしました
そんな大会ですが来年も参加します

今年は5月開催で天気が良く最高でした

icon
2018.06.03  返信  0  件  [不適切報告]
参戦しました

ヒルクライム・イン・王滝村に参戦して来ました。
コースの難易度、村の方の応援、スタッフの対応など、とても良い大会だと思います。もっと人気が出ても良いのになぁ、とも思いますが、会場の面積から考えても500人くらいが限界かもしれません。
少し気になるところは、路面が悪い区間があること、最初の平坦・下りがかなり飛ばす人がいるので、登りになってから計測区間にして欲しいこと、です。

icon
TAKAsan さん
2018.05.30  返信  0  件  [不適切報告]
怪我からの復活

去年は大腿骨を骨折して、治りきっていない状態で参加しました(笑)
それでも総合10番以内に入るなど検討した方だとは思います。
今年は年代別で勝ちたいですね!

icon
2018.03.20  返信  0  件  [不適切報告]

前の5件 次の5件

 前回開催のクチコミを見る

第14回 ヒルクライム・イン・王滝村のFacebookコメント

Page Top