九州チャレンジサイクリング大分県大会 ツール・ド・佐伯2020

開催日: 2020年10月18日(日)開催

申込期間: 2020年10月03日〜2020年10月12日  



【 エントリーの際のご注意 】

大分県在住者のみエントリーできます。コロナウイルス感染拡大防止のため他にも参加資格、注意事項を例年から変更しています。内容をよく確認してからお申し込みください。
※両コースともアップダウンに富んだコースで、初心者向けのコースではありません。ご理解の上お申し込みください。
※コロナウイルス感染拡大の影響や自然災害、悪天候などにより大会が中止になった場合も参加料の返金はいたしません。



九州チャレンジサイクリング大分県大会 ツール・ド・佐伯2020 九州一の面積を持つ佐伯市は「海・山・川」の自然に恵まれ、市町村合併前の1市5町3村にはそれぞれに特徴があります。その魅力を感じていただけるようなコース設定を心がけ、エイドステーションでは地域の特産品をご賞味いただけるようにしております。

種目
参加料
(申込み期間)
▼参加資格
15歳以上のサイクリストでゴール制限時間17時までに完走できる方。
コロナウイルス感染拡大防止のため
・大分県在住者。
・申込みより大会まではできるだけ県外移動は控えて下さい。
・大会までに接触確認アプリ(COCOA)のインストールを推奨します。
Bコース(約102km):15歳以上
【参加資格】 :[スタート時間]8:45〜9:15
※間を入れて1人ずつスタートします
10,000円
Eコース(約71km):15歳以上
【参加資格】 :[スタート時間]9:15〜9:45
※間を入れて1人ずつスタートします
9,000円

申込期間 2020年10月03日〜2020年10月12日
開催場所 大分県 佐伯市大字長谷2786 佐伯市総合運動公園<br>佐伯中央病院陸上競技場(スタート・ゴール)
事務局住所 大分県ツール・ド・佐伯実行委員会
電話番号 080-3942-3961
問い合わせ先 tourdesaiki@gmail.com
WEBサイト http://tourdesaiki.saiki.jp/
参加通知書について 参加通知書は、大会事務局より10/12より順次郵送予定です。 尚、この件に関しましては、下記大会事務局へお問合せ願います。 ◆ツール・ド・佐伯実行委員会 事務局 TEL080-3942-3961
PR 九州一の面積を持つ佐伯市は「海・山・川」の自然に恵まれ、市町村合併前の1市5町3村にはそれぞれに特徴があります。その魅力を感じていただけるようなコース設定を心がけ、エイドステーションでは地域の特産品をご賞味いただけるようにしております。
定員 [Bコース]100人
[Eコース]100人
※定員になり次第、締め切り
参加資格 15歳以上のサイクリストでゴール制限時間17時までに完走できる方。
コロナウイルス感染拡大防止のため
 ・大分県在住者。
 ・申込みより大会まではできるだけ県外移動は控えて下さい。
 ・大会までに接触確認アプリ(COCOA)のインストールを推奨します。
その他 【参加料】
[Bコース]10,000円
[Eコース]9,000円
その他 【スタート・ゴール】
大分県佐伯市大字長谷2786
佐伯市総合運動公園 佐伯中央病院陸上競技場
エイド エイドステーションでは食料、飲料を用意していますが、セルフサービスとなります。
制限時間 17時まで
当日 【スタート時間】
[Bコース]8:45〜9:15
[Eコース]9:15〜9:45
※間を入れて1人ずつスタートします
注意事項 【注意事項】
・本大会はスピード競技ではありません。サイクリングイベントです。
・車検を行う場合がございます。各自整備の上でご参加ください。
・天候上、やむを得ない場合は、コース変更、中止する場合もあります。
・法令に基づく、ベル・ライト・リフレクター・(テールライト可)、前後のブレーキを装備してください。
・走行中はヘルメット・グローブを着用してください。(カスクは不可)
・大会運営上、著しく遅れた方は回収いたします。
・自動車での伴走は禁止いたします。
・コース上は一般車両の交通規制をしていませんので、一時停止、赤信号での停止などの基本的な交通規則を遵守し、追走・並走・割り込みなどはしないでください。
・各ポイントに制限時間を設けています。時間を超えた場合はタイムオーバーとなり、続行できません。
・集団走行を避け、左側を一列で走行してください。
・自転車同士の車間距離を十分に保って走行してください。

【コロナウイルス感染拡大防止対策】
・申込み後、毎朝体温計測をし、咳、倦怠感、味覚障害等、体調管理をしてください。
・大会当日朝37.5度以上熱がある方は参加を控え、来場しないでください。
・会場で体温測定を行い、37.5度以上の方は参加できません。
・会場、エイドステーションでは密を避け、自転車走行時と飲食時以外はマスクを着用してください。
・開会式は割愛します。
・エイドステーションでは食料、飲料を用意していますが、セルフサービスとなります。
規約 1.<規則の遵守義務>
参加者は、大会が一般公道で行われる個人の責任で走るサイクリングであることを承知し、一般交通法規などはもとより主催者が設けたすべての規約・規則指示を遵守し、他の交通に迷惑をかけず、スムーズな大会運営に協力し「募集要項」に記載の注意事項等を確認の上、参加者個人の責任において、安全管理・健康管理に十分な注意を払い大会に参加します。万一、体調などに異常が生じた場合はすみやかに参加を中止することを誓います。
2.<競技特性の理解と安全確保>
参加者は、サイクリングの経験があり、大会が変化しやすい自然環境の中で行われ参加者の体調が急激に変化する特性があることを十分に認識しております。またコースは広い範囲に設定されるため、緊急時の救護あるいは対応に支障をきたす可能性が高いことを良く理解しています。
3.<健康状態の自己申告>
参加者として健康状態は良好であり、大会の参加に何ら問題を生じる事は予想されません。また、アレルギー体質、過敏症などの特異体質や既往症など、さらには宗教上その他の理由などにより、緊急医療のため知っておいてほしいことがある場合は、事前に主催者へ報告いたします。
4.<自己管理責任と応急処置の承諾>
参加者は、参加者個人の自覚と責任において、安全と健康に十分な注意を払って大会に参加し、走行中に参加者が被害者又は加害者となる事故が発生した場合、原因の如何を問わず、自己責任において処理し主催者及び責任者に責を帰さないことを誓います。また、主催者により続行に支障があると判断された場合は中止勧告を受け入れます。参加者が大会中に負傷したり、事故に遭遇したり、あるいは発病した場合には、参加者に対し処置が施されることを承諾し、その処置の方法および結果に対しても異議を唱えません。
5.<負傷・死亡事故の補償範囲>
参加者は、大会中および付帯行事の開催中に負傷した場合、またはこれらに基づいた後遺症が発生した場合、あるいは死亡した場合においても、その原因の如何を問わず、大会に係わるすべての大会関係者に対する責任の一切を免除いたします。また、参加者に対する補償は大会に掛けられた傷害保険の範囲内であることを確認了承します。従って、参加者はここに、参加者自身・参加者の遺言執行人・管財人・相続人・近親者などのいずれからも、参加者が被った一切の傷害について賠償請求・訴訟およびそれらのための弁護士費用などの支払請求を一切行わないことを誓います。
6.<免責事項>
参加者は、気象状況の悪化および走行環境の不良など主催者の責に帰すべからざる事由により、大会が中止になった場合、または内容に変更があった場合、さらには用具の紛失・破損などにより大会参加に支障が生じた場合においても、主催者に対してその責任を追及しないこと、並びに大会への参加のために要した諸経費(参加費を含む)の支払請求を一切行わないことを誓います。
7.<肖像権及び個人情報の取り扱い>
参加者は、参加者の肖像・氏名・住所・年齢・競技歴及び自己紹介などの個人情報が、大会主催者が作成するウェブサイト、大会パンフレット、大会に関連する広報物、報道並びに情報メディアにおいて使用されることを了解し、付随して主催者が制作する印刷物・ビデオ並びに情報メディアなどによる商業的利用を承諾します。
8.<本誓約事項に規定されていない事項について>
本契約書の解釈に疑義が生じた場合、大会にかかわる規則に従い解決することを承諾します。万一、大会に関する争いが生じた場合、その第一審の専属管轄権は大分地方裁判所とし、準拠法は日本法とする事に同意いたします。
その他 駐車場や宿泊先などから自転車で移動の際にも交通規則を厳守の上、交通事故には十分注意してください。

■なんでもメモ
▲ここに入力したものを印刷することができます。