第1回 ONSEN・ガストロノミーウォーキングin日本のてっぺん稚内

開催日: 2018年09月29日(土)開催

申込期間: 2018年07月10日〜2018年09月26日  



■申込締切延長のお知らせ
下記の通り申込期間を延長いたしました。
  9/21(金) ⇒ 9/26(水)
たくさんのお申し込みをお待ちいたしております。


【 エントリーの際のご注意 】

●コースには、多くの坂道(急勾配)と複数の階段がございますので、御理解の上、お申込みください。
●お食事はお酒を含む飲み物を提供する大会となりますので、参加申込の際は、ご注意ください。
●小学生未満のお子様は一緒にウォーキングすることは可能ですが、お食事の提供はございません。(エントリー対象外)
●小学生以下は保護者の同伴、歩行が困難な方は介助者の同伴が必要です。



第1回 ONSEN・ガストロノミーウォーキングin日本のてっぺん稚内 稚内は、日本最北に位置するまちです。恵みの海と緑の大地がおりなす壮大な自然と共に「北の玄関口」として数々の歴史をこの地に刻んできました。北海道遺産にもなっている「北防波堤ドーム」や日本海を一望できる「稚内公園」。隣接する森林公園と合わせて約100haにもなり、市民の憩いの場所にもなっております。風力発電によりお湯を沸かすというエコ足湯に入り、名作「氷雪の門」、沖合い底曳き漁業の親方であった”瀬戸常蔵氏”の邸宅「旧瀬戸邸」、映画「北のカナリアたち」のロケ地となった「稚内副港市場」や、今年の5月にオープンした「稚内樺太記念館」など稚内の歴史と文化にふれるコースとなっております。漁獲高日本一を誇る「宗谷のたこ」、小ぶりながらもギュッと締まった歯ごたえ抜群な「宗谷のほたて貝」、安心安全にこだわりぬいた「宗谷黒牛」、まぼろしの「勇知いも」を練り込み皮ごと使ったクッキーや低温殺菌で自然に近い牛乳本来の風味を楽しめる「稚内牛乳」など「稚内ブランド」盛りだくさんの内容で皆様を歓迎いたします。

種目
スタート
参加料
(申込み期間)
▼6kmコース※受付順スタート
[参加資格]10km程度の距離を歩ける方。
国籍、年齢、性別等は一切問いません。大会のきまりやマナー、交通ルールを守れる人。ただし、小学生以下は保護者の同伴、歩行が困難な方は介助者の同伴が必要です。

注意:お食事・お酒を含み飲み物を提供する大会となりますので、参加申込の際はご注意ください。
イベントで提供するもの:ガストロノミー(お食事・飲み物)、温泉入浴券、傷害保険を含む
1)6kmガストロノミーウォーキング(小学生以上)【10:00〜スタート】※受付順スタート
10:00
3,500円
2)6kmガストロノミーウォーキング(小学生以上)【10:15〜スタート】※受付順スタート
10:15
3,500円
3)6kmガストロノミーウォーキング(小学生以上)【10:30〜スタート】※受付順スタート
10:30
3,500円
4)【特別枠】ポール・クリスティ氏と歩く(小学生以上)【10:45〜スタート】※受付順スタート
10:45
3,500円

申込期間 2018年07月10日〜2018年09月26日
開催場所 北海道 稚内市 キタカラ(JR稚内駅)〜稚内副港市場(海側)
郵便番号 〒 097-0022
事務局住所 北海道稚内市中央3丁目6番1号キタカラ1階
わっかない観光活性化促進協議会
((一社)稚内観光協会)
電話番号 0162-24-1216
FAX番号 0162-24-0016
問い合わせ先 info@welcome.wakkanai.hokkaido.jp
ONSEN・ガストロノミーウォーキングとは 「ONSEN・ガストロノミーツーリズム」とは、日本の魅力あふれる温泉地を拠点にして、その地域特有の「食」、「自然」、「文化・歴史」すべてをウォーキングによって、一度に「体感」できる新たなツーリズムです。
温泉地界隈の自然・歴史を感じながら「めぐって」、その土地の美味しいもの・お酒を「食べて(飲んで)」、そしてウォーキングの後には温泉に「つかって」と楽しんで頂くイベントとしてONSEN・ガストロノミーウォーキングを開催いたします。
定員 200人
※定員に達し次第、締め切り
受付場所 〒097-0022 北海道稚内市中央3-6-1
キタカラ アトリウム 1階
服装・持ち物 ・運動しやすい服装、歩きやすい靴でお越し下さい。(雨具・カッパなどは各自ご用意ください。)
・各ポイントで飲み物の提供を致しますが、ご自身のお好きな飲み物をご準備頂いても結構です。
・温泉入浴券をお渡し致しますのでタオル等、ご準備ください。(リネンの有料レンタルもございます。)
・9月平均気温(最高19.7℃/最低14.0℃)、10月平均気温(最高13.7℃/最低8.1℃)
・朝晩はとても涼しく、風が強いので適した服装でお越しください。
駐車場 あり
駐車場説明 約300台 無料
※キタカラの斜め裏(青空駐車場です)
(ANAクラウンプラザホテル稚内の道路挟んで真向かいにあります)
規約 1.参加者は、イベントを円滑かつ安全に開催するために、主催者の定める諸注意事項、交通規制などを遵守するものとします。
2.主催者は、傷病や紛失、その他の事故に際し、応急処置を除いて一切の責任を負いません。
3.自己都合による申し込み後の時間変更、キャンセルはできません。
4.自然災害、歩行困難な荒天、新型インフルエンザの流行等の不慮の災害が生じた場合、イベントを中止する場合があります。その場合、参加費の払い戻し及び交通費・宿泊費など個人負担の費用補償はできませんのでご容赦ください。
5.大会当日の開催可否につきましては、大会ホームページをご確認ください。
6.お酒を伴うイベントになります。適量を楽しみ、他の参加者の迷惑に当たる行為はご遠慮ください。(大声、一気飲み等の行為)
7.年齢認証のために身分証明書の提示をお願いする場合があります。また、飲酒をしての車・自転車等の運転は法律で禁じられています。公共の交通機関をご利用ください。
8.大会の映像・写真・記事・記録・申込者の氏名、年齢、住所(国名、都道府県名)等の雑誌・インターネット等への掲載権と肖像権は主催者に属します。
電車 JR宗谷本線・札幌発7:30〜稚内着12:40
      札幌発12:00〜稚内着19:49
      札幌発18:30〜稚内着23:47
バス [都市間バス]
札幌発7:40〜稚内着13:30
札幌発10:30〜稚内着16:20
札幌発13:00〜稚内着18:50
札幌発15:00〜稚内着20:50
札幌発17:00〜稚内着22:50
札幌発23:00〜稚内着5:50

[空港リムジンバス(大人600円/小児300円)]
空港ターミナル11:20〜駅前ターミナル11:50
空港ターミナル12:25〜駅前ターミナル12:55
空港ターミナル15:05〜駅前ターミナル15:35
空港ターミナル17:00〜駅前ターミナル17:30
飛行機 東京(羽田)空港10:25〜稚内空港12:15
東京(羽田)空港13:05〜稚内空港14:55
札幌(新千歳)空港10:20〜稚内空港11:15
札幌(新千歳)空港16:00〜稚内空港16:55
大阪(関西)空港8:00〜稚内空港11:15※乗継便
大阪(関西)空港13:30〜稚内空港16:55※乗継便
名古屋(中部)空港8:10〜稚内空港11:15※乗継便
名古屋(中部)空港13:25〜稚内空港16:55※乗継便
宿泊問い合わせ先 【お問い合わせ先名】(一社)稚内観光協会
【TEL】0162-24-1216
【URL】http://www.welcome.wakkanai.hokkaido.jp
当日受付会場・スケジュール 【当日受付会場】キタカラ アトリウム 1階(JR稚内駅)
【スタート地点】キタカラ(JR稚内駅)
【ゴール地点】稚内副港市場(海側)
【受付時間】各スタート時間の30分前より
【最終ゴール締切時間】15:00
ガストロノミーメニュー (1)【セイコーマート 京極の水(500mlペットボトル)】
北海道羊蹄山麓の天然水です。日本名水百選に選ばれ優しい口当たり、軟水です。

(2)【稚内コンカツだし汁&ミニおにぎり】
・くせのない澄んだお出汁が出る最高級の利尻昆布と稚内市と夫婦都市である鹿児島県枕崎市の最高級の鰹節からとったグルタミンがたっぷり含まれたお肌にも良い二日酔いにも効く美味しくて最高のお出汁を味わって下さい。
・稚内ブランド「宗谷の塩」を使った、ONSEN・ガストロノミー特製塩むすび。海苔の代わりに利尻昆布のとろろを巻きました。付けあわせは、昆布の佃煮。

(3)【朝cafe西海岸909ブレンドコーヒー&流氷まんじゅう】
※コーヒーが飲めない人用に紅茶も用意
・最北の地に、朝cafe西海岸909という名の朝のみしか開店していない特別なカフェが西海岸にありました。その朝cafeで使用されているコーヒーをそっくりそのままドリップコーヒーとして販売を開始。香り高い「挽きたて・淹れたてのオーガニックコーヒー」。コーヒー好きにはたまらない美味さです!お土産もにぜひ!
・稚内人なら誰でも知っている「御菓子司 小鹿の流氷まんじゅう」。宗谷岬の流氷をイメージして白いふわふわの蒸しケーキにホワイトチョコがたっぷりとかかっている、まんじゅうなのに餡は入っていないお饅頭。お土産にもぜひ!

(4)【稚内牛乳&稚内牛乳飲むヨーグルト&ワッカナイポテマルコ(クッキー)&出汁之介monaka&ソフトドリンク】
・稚内ブランド「稚内牛乳」と新商品「稚内牛乳のむヨーグルト」は、稚内の牧場で美味しい牧草をたっぷり食べて育った牛の生乳のみを使用したノンホモ牛乳です。低温殺菌により自然に近い牛乳本来の風味を残していることから消費期限が短く、稚内でしか飲むことができない特産品です。
・稚内ブランド「ワッカナイポテマルコ」はまぼろしの勇知いもを皮ごと使った風味豊かなじゃがいもクッキー。中にホワイトチョコレートを入れた“しろポテマルコ”とブラックチョコレートを入れた“くろポテマルコ”があります。どれが当たるかはお楽しみにー
・稚内のゆるキャラ出汁之介をmonakaにしちゃいました。北海道産の小豆にこだわり、粒あんたっぷりで中には求肥ではなくプレーンのマシュマロが入っています。粒あんとマシュマロの甘いハーモニーをどうぞ!稚内で一番新しいスイーツです。

(5)【ミニ海鮮丼&たこしゃぶ&礼文昆布焼酎】
・稚内は日本海とオホーツク海に面し、海産物が四季を通じて豊富です。旬の稚内の海の幸を、ミニ海鮮丼にしました。
・稚内は水ダコ漁獲高日本一。稚内ブランドにも「宗谷のたこ」は認定されています。郷土料理の一つにタコしゃぶがあります。水揚げされたばかりのタコの足を急速冷凍し、繊維に沿ってスライス、利尻昆布の出汁でしゃぶしゃぶします。もちろんそのままお刺身でも食べれるぐらい鮮度抜群で、女性には嬉しいカロリーゼロ!いくら食べても太りません。たこしゃぶ発祥のお店「車屋・源氏」でミニ海鮮丼と一緒にお楽しみ下さい。
・ふんわり昆布の風味がたまらない礼文昆布焼酎。ストレートでもOK!水割りでもOK!お湯割りでもOK!

(6)【揚げかまぼこ&遠別北ふぶき】
・揚げたてアツアツのかまぼこ
・稚内には残念ながら地酒がありません。稚内から一番近い遠別の北ふぶきという新しい日本酒をご用意いたしました。

(7)宗谷のほたて貝網焼き&宗谷のたこ足のぶつ切り網焼き&宗谷黒牛の網焼き&増毛国稀&ソフトドリンク】
・稚内ブランド「宗谷のほたて貝」。宗谷海峡は潮の流れが速く、ここで育ったほたて貝は小ぶりながらも身がギュッと締まり歯ごたえ抜群なのが特徴で年間を通し低水温のため、旨味が凝縮され甘みが強く、充分な食べ応えを感じることができます。お刺身でも食べれるぐらい鮮度抜群ですが、網焼きでどうぞ!
・稚内ブランド「宗谷黒牛」。日本最北端に位置する宗谷岬牧場で生産される肉牛です。安全・安心にこだわり、粗飼料は宗谷岬牧場などで収穫した一貫生産により育てています。しっかりとした濃厚な赤身と淡白な脂肪とのハーモニーが絶妙です。網焼きでどうぞ!
・稚内ブランド「宗谷のたこ」を贅沢に足をぶつ切りにして、網焼きで、プリプリで、熱々でどうぞ!
・稚内には残念ながら地酒がありません。増毛の日本酒、国稀をご用意いたしました。
景観ポイント 【稚泊航路記念碑(ちはくこうろきねんひ)】
1945年(昭和20年)の終戦の年まで、日本領だったサハリンのコルサコフ(日本名・大泊)へ、鉄道省による連絡船が稚内から就航していました。この22年間の業績を讃えるため1973年(昭和45年)11月に「稚内港北防波堤ドーム」のほぼ中央の位置に記念碑が建てられました。

【しおさいプロムナード】
1987年(昭和62年)北防波堤ドームから延びる遊歩道の長さは215mで稚内市の花・ハマナスをイメージしたモザイクタイル張りになっています。潮風を浴びながら爽やかな散策をお楽しみ下さい。

【稚内港北防波堤ドーム(北海道遺産)】
稚内港北防波堤ドームは1931年(昭和6年)から建設され、1936年(昭和11年)に完成しました。全長427m、高さ13.6m、柱の数は70本あり、半アーチ型の古代ローマ建築を想わせる回廊は、世界でも類のない建築物です。2001年(平成13年)10月に「北海道遺産」、2003年(平成15年)に「土木遺産」に指定されています。現在では年間を通して様々な催しが開催されており、また映画やCMのロケ地としても利用されることがあります。

【前浜】
北防波堤ドームの裏手側に位置する浜「前浜」は夏になると昆布漁とウニ漁で賑わいます。稚内の短い夏の風物詩。

【稚内公園】
稚内公園は、昭和29年に供用が開始されました。45.2haの面積をもち、代名詞となっている「氷雪の門」や、展望施設と北方記念館(郷土資料館)が一緒になった「開基百年記念塔」などの施設や、樺太(現在のロシア連邦サハリン州)や樺太犬に関するモニュメントが点在しており、隣接して50haの「森林公園」があります。

【旧瀬戸邸(登録名称:旧瀬戸家住宅主屋)(きゅうせとけじゅうたくしゅおく)】
昭和20〜40年代。稚内は底曳網漁の前線基地として国内各地から人が集まり、活気にあふれていました。そのさなかの昭和27年、「旧瀬戸邸」は機船底曳網漁業などを営む瀬戸常蔵の邸宅として建てられました。建物は近代和風の邸宅建築で平成24年4月より一般公開を開始し、平成25年6月21日、国の登録有形文化財に登録されています。

【稚内副港市場】
新たな観光スポットとしてJR稚内駅、南稚内駅のほぼ中間、国道40号線沿いに「稚内副港市場」は誕生いたしました。市民と観光客が一体となって楽しめる「港コミュニティ」をコンセプトに、底曳船の巨大モニュメントのある市場をはじめ、天然温泉、稚内ゆかりの歴史的建造物を再現したギャラリー、地元の味わいを提供する屋台村を擁する旭川以北最大のショッピングモールです。

【稚内樺太記念館(稚内副港市場内)】
稚内・宗谷の歴史資料とともに、樺太関係の資料の収集に努めてきましたが、2017年(平成29年)に一般社団法人全国樺太連盟より2000点にもおよぶ樺太関係資料の寄贈を受けました。稚内市樺太記念館では、これらの貴重な資料をもとに明治以降の樺太とそこに生きた人々の姿を紹介しています。

【稚内天然温泉 港のゆ(稚内副港市場)】
行き交う船で賑わう港を一望する展望台露天風呂。あふれる天然温泉にゆったり体が浸せる大浴場。遠くで船の霧笛が聞こえてくるような、とろとろした時間の中での癒やしを体感できます。
〈泉質〉ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
〈適応症〉神経痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復期・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病
ポール・クリスティさんと歩く 今回、ご参加頂くポール・クリスティさんのご紹介です。
参加者の皆さんと一緒に歩いて頂く特別枠を設定致しました!
30名様限定・先着順です!
クリスティ ポール(Christie Paul)1961年生まれ。イギリスケント州ウィツタブル出身。ロンドン大学経済学 博士課程卒業。大分県国東半島在住。
香港に拠点がある旅行会社 Walk Japan CEO、大分県国東半島に本社を置くThe Japan Travel Company株式会社の代表取締役を務める 。
「知られざる日本」を歩いて紹介、解説する旅行会社を経営。年間約3,000 名の外国人を大分県国東半島のほか日本全国を案内。旅行業界と日本の田舎に新風を吹き込む。
「クールジャパン・アンバサダー」内閣府の知的財産戦略事務局が、日本ファンの拡大のため、国際的に発信力のある食や観光等の分野の専門家に対して任命する38名に選ばれる。
そのほか「ANA 日本の道 大使」や「ONSENガストロノミー アンバサダー」などに任命される。
コース中のトイレ箇所(スタート・ゴール地点除く) 5箇所
温泉ポイント [稚内公園・足湯]無料
[稚内副港市場・港のゆ]ゴール時アンケートにお答えいただき、入浴券と引き換え
事務局情報 【主催】わっかない観光活性化促進協議会
【共催】(一社)稚内観光協会・稚内市
【特別協力】一般社団法人 ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構
そのほか、大会事務局からのお知らせ 受付スタート時にペットボトルの水500mlが支給されます。また、タオルのプレゼントもあります。

■なんでもメモ
▲ここに入力したものを印刷することができます。