2017〜2018年シーズン 関西シクロクロスシリーズ 第4戦

開催日: 2017年12月03日(日)開催

申込期間: 2017年11月05日〜2017年11月22日  



【 年齢基準について 】

シクロクロスの年齢計算は当該シーズン中(今期は2018年の1月1日)が基準日となり、2018年中にやってくる誕生日の年齢でシーズンを通じて参戦します。
<例: 1996年11月1日生まれは開幕戦の10月29日時点では22歳ですが、2018年11月1日の誕生日で23歳になるため、シーズンを通じて23歳(エリート)となります。>


※大会日程や詳細については、大会HPでご確認ください。
http://www.kyoto-cf.com/


2017〜2018年シーズン 関西シクロクロスシリーズ 第4戦 「目指せ シクロクロス界の 安くて 美味しい ファミレス!」 「安くて」 ⇒ シーズンを通じてたくさんのレースに参加できるよう参加料を低く抑えています。 「美味しい」 ⇒ 安いだけなく、シクロクロスの楽しさを知り尽くしたコースディレクターが作るコースにベテランの審判団、交通の便や会場施設など内容も充実しています。 「ファミレス」 ⇒ キッズからシニア、プロのトップライダーまでアットホームな雰囲気の中、年齢や実力に応じたカテゴリーで参加できます。また関西シクロクロスは、初めて参加した人でも十二分に楽しめます。

種目
参加料
(申込み期間)
C1:上級者男性
【参加資格】 :JCF登録者
2,800円
C2:中級者男性
【参加資格】 :JCF登録者
2,800円
C3:初級者男性
2,800円
C4:初級者男子(初参加はここから)
2,800円
CL1:上級者女性
【参加資格】 :JCF登録者
2,800円
CL2:初級者女性
2,800円
CL3:超初級女性(ミドルコース)
500円
CM1:40歳以上上級
【参加資格】 :JCF登録者
2,800円
CM2:40歳以上中級
2,800円
CM3:40歳以上初級(初参加はここから)
2,800円
CM4:マイペース参加(自主申告)
2,800円
CJ:ジュニア
【参加資格】 :JCF登録者
500円
U17:2002年〜2003年生まれ
500円
U15:小学5年〜2004年生まれ(ミドルコース)
500円
CK1:小学1・2年(ショートコース)
500円
CK2:小学3・4年(ショートコース)
500円
CK3:小学5・6年(ショートコース)
500円

申込期間 2017年11月05日〜2017年11月22日
開催場所 京都府 南丹市 美山町向山地区
事務局住所 関西シクロクロス実行委員会
電話番号 090-4033-1699(17:30以降)
問い合わせ先 kansaicross@gmail.com
WEBサイト http://www.kyoto-cf.com/
定員 安全で楽しく走れる1レース当たりの出走人数を概ね70人(コースによる)とします。(C4なら1日2レース実施するので2レース×70人=計140人が1日の受付上限)
※参加枠が無いため故意に他のカテゴリーからエントリーされた場合は出走を認めないことがあります。
※定員に達し次第、受付終了となります。
参加資格 【参加資格】
特別な参加資格はありません。カテゴリーに応じて誰でも参加できます。但し、C1、C2、CL1、CJ、CM1については(公財)日本自転車競技連盟の競技登録者であること。

【参加費】
2,800円(CL3、CJ以下は500円)
※mifune-Cross、TOYO柏原CX、四国シリーズ(香川・徳島・高知)は申込先、参加費が異なります。
その他 【カテゴリー(参加クラス)】
C1:上級者男性
C2:中級者男性
C3:初級者男性
C4:初級者男性(初参加はここ)
CL1:上級者女性
CL2:初級者女性
CL3:超初級女性(ミドルコース)
CM1:40歳以上上級
CM2:40歳以上中級
CM3:40歳以上初級(初参加はここ)
CM4:マイペース参加(自主申告)
CJ:ジュニア
(前年度全日本ジュニア3位以内又は主催者が特別に認めた場合は特例有)
U17:2002〜2003年生まれ
U15:中学1〜2004年(ミドルコース)
CK1:小学1・2年(ショートコース)
CK2:小学3・4年(ショートコース)
CK3:小学5・6年(ミドルコース)
受付時間(当日) 8:00(原則)
その他 【朝の開門時間と受付】
各会場共通で朝の開門は原則7:00です。会場によってはご厚意で早めの開門もありますが、開門待ちの路上駐車は交通の妨げになりますので時間にあわせておこしください。
受付は赤色のテントで8:00を原則とし、準備ができ次第オープンします。
スタートリストで自分の参加カテゴリーとゼッケン番号を確認してゼッケンを受け取ってください。ゼッケンはフィニッシュラインから読みやすいよう背中下中央よりにつけます(肩番を付けない場合があるため中央とはしません)肩番がある場合は前から見える位置に安全ピンでしっかりと取り付けます。
レース後はゼッケンを受付赤テントまで必ず返却してください。
また、その日の注意事項やコース概略図をコミュニケボード(掲示板)に掲示していますので、こちらも忘れずチェックしてください。
コース詳細 【コース図・スタートリスト】
コース図は概ね1週間前までに、スタートリストは2日前の金曜日までに公式サイトhttp://kyoto-cf.com/及びシクロクロスブログhttp://kansai-cyclocross.hatenablog.com/に掲載します。
必要なインフォメーションも併せて掲載しますのでチェックしてください。
競技方法 【招集、スタート】
C1、CL1、CM1は関西クロスシリーズランキング順に全選手がスタートグリッドに並びます。その他のカテゴリーは前戦の成績にもとづいた出走者の上位16名までの選手をシードします。これ以外の選手はあらかじめランダムに決めたゼッケン番号の順に並びます。
スタートグリッドへのコールは概ねスタート10分前です。招集やスタートラインでの場所取りはできません。場所取りをする時間でウォーミングアップや試走をしてください。
ピストルの号砲でスタートです、C1のJCX対象レースを除き関西シクロクロスでは周回遅れになっても規定時間を最後まで走ることができます。
その他 【試走について】
会場ごとにコースに特徴のあるシクロクロスでは試走は必須です。テクニカルなセクションは何度も繰り返し走ってみると良いでしょう。試走時間帯は次のとおりです。
(1)前日は設営完了後の14:00〜16:30 試走人数が少ないのでお勧めです!
(2)当日試走時間は朝8:00〜8:45と 昼11:30〜11:50コースの安全が確認でき次第試走可能の案内をします。
(3)ミドル及びショートコースでのレース中に使用しないロングコースの部分(交差部分付近手前では十分注意願います)
(4)今回新にキッズ試走の時間を設けました!レース前にスタッフの先導で走ります。安全確保のためこの時間帯はキッズ専用の試走時間とします。
上記以外は試走禁止とします。当日朝の試走開始までのコースウォークはOKです、試走が始まればコースウォークは中止してください。また、試走時間は原則コースマーシャル(コースの安全監視員)を配置していませんので各自の責任においてマナーを守って走行ください。

【年齢別カテゴリーの基準】
シクロクロスの年齢計算は当該シーズン中(今期は2018年の1月1日)が基準日となり、2018年中にやってくる誕生日の年齢でシーズンを通じて参戦します。<例:1996年11月1日生まれは開幕戦の10月29日時点では22歳ですが、2018年11月1日の誕生日で23歳になるため、シーズンを通じて23歳(エリート)となります。>

☆U23 1999年〜1996年生まれ(19〜22歳)
☆エリート 1995年〜1979年生まれ(23〜39歳)
☆マスター 1979年までの生まれ(40歳以上)
※40歳以上の方は、マスター(CM3〜CM1)か実力別カテゴリー(C4〜C1)を選択できますが、シーズン中の変更(例えばCM2→C3、C1→CM1)はできませんので注意してください。

☆ジュニア以下の年齢別について
また、若年者には将来を見据え過度な負荷が無いようにレース時間、コースの難易度を設定します。楽しく、やる気を持って毎回参戦できるように工夫しますので、保護者やチーム関係者のご理解をお願いします。
ジュニア以下のカテゴリーは次のとおりとなります。
☆CJ(カテゴリージュニア) 対象年齢は2000〜2001年生まれ(C2と同時スタート)
☆U17(17歳未満) 対象年齢は2002〜2003年生まれ(C3、CM2と時差スタート)
☆U15(15歳未満) 対象年齢は中学1年生〜2005年生まれ(ミドルコース)
☆CK3(カテゴリーキッズ3) 対象年齢は小学5・6年生(ミドルコース・U15と混走)
☆CK2(カテゴリーキッズ2) 対象年齢は小学3・4年生(ショートコース)
☆CK1(カテゴリーキッズ1) 対象年齢は小学1・2年生(ショートコース)
※年齢に応じての参加になります。カテゴリー間の昇格はありません。

ジュニアの年齢であっても初心者の方はC3(ロングコース、30分)で出走し、経験を積んでからカテゴリーアップしてください。また、U15はC3での参加はできません。
☆女子CK3までは男女の区別はありません。その後はCL3での参加となります。(15分・ミドル
コース)

【カテゴリーはJCF競技規則により全国共通で運用します】
カテゴリー制は、選手がそれぞれの実力に応じて楽しく、安全に100%力を発揮して走るために設けられるものです。毎レースの完走者数に応じて上位カテゴリーに昇格し、シーズン終了後シーズン中の実績により降格又は残留します。
全国のシリーズでの意見を反映し、昇格基準の一部が若干緩和することで変更になりました。
なお、降格については更に次のシーズン2018-2019年からAJOCC共通ランキングにより、2019-2020年への移行の際に各カテゴリーの総数を定めて降格を実施することを検討しています。<予告>

(1)男子実力別カテゴリー(C1〜C4)及びマスター(40歳以上)の昇降格基準
☆昇格基準
C4→C3・C3→C2・M3→M2
・10人未満 昇格しない
・10〜19人 上位1名
・20〜39人 上位2名
・40人以上 上位3名
C2→C1・M2→M1
・10人未満 昇格しない
・10〜19人 上位1名
・20〜39人 上位1名
・40人以上 上位2名

☆残留基準(全てのカテゴリー共通)
出走者数を基準にし
1/4(25%)以内の順位1回で残留
2/3(66%)以内の順位3回で残留
※計算上の端数は切り捨て。
<例>出走10名の場合、上位2名は一発残留、3〜6位は3回以上で残留、7〜10位は降格
※新規参加者はC4又はCM3から参加してください。ただしロードやMTBレースの実績によりC3又はC2からの参加を認めることがあります。

(2)女子実力別カテゴリーの昇格基準
CL3→CL2への昇格は自主申告とし、新規参加者はCL2、CL3のいずれかを選択できることとします。
シクロクロスに初めて参加される方はCL3から、ロードやMTBなど競技経験がありカテゴリーアップを目指す方はCL2からのスタートを推奨します。また、全日本選手権出場を希望する者にはオルガナイザー推薦でCL1登録することができます。なお、来期に向けての降格は行いません。
☆昇格基準CL2→CL1
・6人未満 昇格無し
・6人以上で1勝 昇格できる
・6人以上で2勝 昇格は必須
☆CL3→CL2は順位による基準は無くレース経験を積まれたら自主的にカテゴリーアップしてください。(経験の目安:何度も表彰台に上がった、1シーズンほぼ毎回先頭と同一周回で完走した)
当日 8:00〜 受付開始
8:00〜8:45 朝の試走
8:50〜9:15 U15・CK3・CL3・CM4(15分)
9:20〜10:00 C4A/CM3A(30分)
10:05〜10:45 C4B/CM3B/CL2(30分)
10:50〜11:30 C3・U17/CM2(30分)
11:30〜11:50 昼の試走(15分)
11:50〜12:00 キッズ試走(10分)
12:00〜12:15 CK2(10分)
12:20〜12:30 CK(18分)
12:40〜13:50 C1(60分)
13:55〜14:45 CM1/CL1(40分)
14:50〜15:40 C2・CJ(40分)
C3・U17とCM2、C4AとCM3A、C4BとCM3B、CM1とCL1は2分差、CM3BとCL2とは30秒差でスタートします。
UCIマキノラウンドのスケジュールは別に発表します。
※あくまで標準日程です、変更の場合は当日のコミュニケに掲載します。
注意事項 【C1・C2・CL1・CJに加えCM1もJCF登録を必須とします。】
関西シクロクロスは競技会であり、選手は競技規則を遵守して競技に参加することの自覚を高めるためにJCF登録を推奨していますが、今期、新にマスターカテゴリー(CM1)についても登録を必須とします。これと同時に2017年の野辺山大会からシクロクロス全日本選手権に男女マスターカテゴリーが正式採用されます。
上記カテゴリーについては自転車の規定も競技規則に従うため、C2やCM1へのMTBでの出走は認められなくなりました。

■JCF登録制度の改定に伴うご注意!
2018年から登録期間が暦年(1月1日)更新となります。そのため年をまたいで開催されるシクロクロスではシーズン途中での登録更新をお忘れ無いようお願いします。登録漏れを無くすため受付でライセンスチェックを行うことを検討します。更に「国際ライセンス」によるW登録が解消されUCIレースへの参加は通常のライセンスで可能となります。
JCF登録方法は各自でWEBサイトを通じて登録可能となっていますので、上記以外のカテゴリーでも積極的に登録をされることを推奨します。
なお、エントリー時に必ず登録番号を明記してください。昇格する(レースで勝った)際にJCF登録の無い方は、昇格
から概ね1月以内に登録を済ませるようにしてください。昇格者が登録しない場合のオープン参加は認められず、登録の
無い場合はエントリーができません。

■UCI MAKINO ROUND
・11月19日マキノ高原のUCIレース(C1,CL1)は、タイムスケジュール等別途要項を発表します。
今回から「国際ライセンス」不要となったため、前回までのように別途エントリー手続きを行う必要はありませんが、欠場はペナルティ対象となるため、欠場される方はあらかじめ連絡をいただくようにします。
その他 ■レース前日の午後にスクールを行います
今期も第1戦及び第5戦〜第10戦の前日に三船雅彦氏による初級者対象のスクールを実施します。人数がキャパシティーを越える場合は受付終了とする場合があります。

■2017年第23回全日本選手権は12月10日 長野県野辺山で開催
今シーズンからマスターカテゴリーも全日本選手権が開催されます。参加資格やエントリーの方法はJCFの発表で確認してください。

■世界を目指すには
今期のシクロクロス世界選手権は2018年2月3日・4日にオランダ王国Valkenburgで開催されます。
選考基準についてはJCF公式サイト等で発表されます。

■なんでもメモ
▲ここに入力したものを印刷することができます。